マインラート・シュッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マインラート・シュッターMeinrad Schütter, 1910年9月21日 - 2006年1月12日)は、スイス作曲家

クール出身。音楽好きな両親のもとで育ち、小さいころからオトマール・シェックの作品などに触れていた。若いころにはアルテュール・オネゲルイーゴリ・ストラヴィンスキーの音楽に影響を受けた。チューリッヒ音楽院ピアノオルガン音楽理論を学んだ後、ヴィリー・ブルクハルト作曲を師事し、1950年から1954年までチューリッヒ大学パウル・ヒンデミットから教えを受けた。長年の間、チューリッヒの歌劇場でコレペティートルとして働いたが、1976年からフリーランスの作曲家として活動するようになった。

作品にはオペラミサ曲バレエ交響曲ピアノ協奏曲室内楽曲、ピアノ曲などがある。作風はシェックやヒンデミットの伝統の上に新ウィーン楽派の要素を加味するなど表現主義の影響が色濃い。声楽の分野ではグレゴリオ聖歌からポリフォニーまで幅広く用いている。

文献[編集]

  • In der Reihe “Schweizer Musikerbe”: Meinrad Schütter – Lieder, 1931-1996, CD Uranos, 1996/97
  • Meinrad Schütter: Kammermusik - Instrumental begleitete Gesänge 1939-1998, CD Swiss pan/Swiss contemporary music 510316 - eine Koproduktion mit dem Radio DRS II, 2000
  • Schütter - Schäuble mit: Klavierkonzert, Pastorale II für Klarinette und Orchester; Musikszene Schweiz MGB CD 6162, 2000
  • "Hesperos" 20th Century Songs - Switzerland. Schoeck - Schütter - Scartazzini mit: 7 Ausgewählten Liedern von Meinrad Schütter, CD Guild GMCD 7254
  • Duo en treis – Duo zu dritt mit Lieder von Meinrad Schütter, Othmar Schoeck, Jean Sibelius u. Edvard Grieg, CD SwissPan SP 51723 Co-Produktion mit Radio Rumantsch, Chur, 2006
  • Swiss String Quartets: Schaeuble - Schütter – Schmid, CD Guild GMCD 7303, 2006

外部リンク[編集]