ポール・ドレイトン (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポール・ドレイトン(Paul Drayton、1944年12月28日 - )は、イギリス作曲家指揮者ピアニスト教員

1956年から1962年にかけて、ハイ・ウィカムロイヤル・グラマー・スクール英語版に学んだ。その後、オックスフォード大学ブレーズノーズ・カレッジで音楽を学び、オックスフォードニュー・カレッジ・スクール英語版の音楽監督に就任した。後には、バッキンガム英語版近郊のストウ・スクール英語版で教鞭を執り、専属作曲家 (composer-in-residence) となった。

ドレイトンの作品の多くは声楽曲である。作品のひとつである「マスターピース (Masterpiece)」は、キングズ・シンガーズ2005年DVDFrom Byrd to the Beatles』の中で取り上げられた[1]。ドレイトンは、『Unheard Melodies or Trampolining in the Vatican』(Athena Press 2008) という音楽愛好家のためのガイドブックを執筆している。

ドレイトンは後にコーンウォールに移り住み、トゥルーロ・カレッジ英語版においてA-Level国際バカロレアの課程で教鞭を執っている。ドレイトンはまた、成人教育プログラムにも関わっている。

モンタギュウ・ロウズ・ジェイムズの原作に基づいた、ドレイトンのオペラThe Hanging Oak』は、2009年10月にイングランド南東部のいくつかの教会において披露された。

2015年には、マルコによる福音書に基づく、合唱とオーケストラによる『キリストの受難 (The Passion of Christ)』が、トゥルーロ大聖堂英語版で初演された。

ドレイトンは、ダッチー・オペラ (Duchy Opera) の音楽監督も務めている[2]

おもな作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sauro, Tony (2009年3月22日). “Stockton Youth and Master chorales tackling some classic subject material”. Recordnet.com. 2010年7月20日閲覧。
  2. ^ Category:Paul Drayton”. Duchy Opera. 2016年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]