ポクロフスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポクロフスク (Pokrovsk、ロシア語: Покро́вск)は、ロシアサハ共和国にある都市である。中央ヤクート平野の南部の低地帯に位置しレナ川の左岸にあり、ヤクーツクからは78km南西にある。

概要[編集]

1682年、東シベリアに進出したコサックによりヤクート人の反乱が鎮圧された後、カラウルニー・ミース(Карау́льный Мыс)という砦が築かれた。やがて農民や教会が進出し、後にポクロフスコエ村(Покро́вское)となり、1941年にはポクロフスクに改称され、1998年には市となっている。

産業[編集]

ポクロフスクは農業林業と建築業が主な産業である。ロシア北方の農業の中心で、穀物・野菜・畜産や毛皮動物の飼育が行われ、農業研究所も設置されている。

観光[編集]

1962年には博物館が開設され、1992年にはヤクート人初の歴史学民族誌民俗学の研究者でありヨシフ・スターリン体制下の大粛清で犠牲になったガヴリール・クセノフォントフの名が付けられた。 レナ川の対岸の村にはレナ・ニコルスキー教会がある。また周囲には考古学遺跡や岩に描かれた壁画などが散在する。レナ川を上流に50km遡った右岸には柱状節理が100kmにわたり連なっており、クルーズ船がヤクーツクからも運航している。

座標: 北緯61度29分 東経129度9分 / 北緯61.483度 東経129.150度 / 61.483; 129.150