ボリス・ヴィリキツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボリス・アンドレーエヴィチ・ヴィリキツキー

ボリス・アンドレーエヴィチ・ヴィリキツキーロシア語: Борис Андреевич Вилькицкий1885年3月22日(新暦4月3日) - 1961年3月6日))は、ロシア探検家測量士。父はアンドレイ・イッポリトヴィチ・ヴィリキツキー

生涯[編集]

1908年サンクトペテルブルクの海軍士官学校を卒業。その前、1904年から1905年にかけての日露戦争に従軍している。1913年から1915年にかけて、北極海航路調査のため「タイミル」「ヴァイガチ」の二隻による北極探検を主導した。1913年、探検隊はセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島を発見。これは当時の北極探検の中でもロシア随一の業績であった。その他、ヴィリキツキー島マリー・タイミル島、その隣のスタロカドムスキー島も発見している。1914年から1915年には、探検隊はウラジオストクからアルハンゲリスクへの航路を開拓し、ジョホフ島を発見し、またセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島の南海岸線を紹介した。

1918年、アルハンゲリスクで干渉主義者による財産没収のために起きたことではないが、ソビエト連邦において初めての海洋探検隊の首脳に任命された。1920年イギリスに移住。1923年1924年には、ソ連の対外貿易機関の要請でカラ海における商業遠征を主導した。

その後は、ベルギー領コンゴで水路測量技師に従事し、ブリュッセルにおいて死去した。

記念[編集]

セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島発見100周年を記念して、2013年にロシアで発行された切手

ロシアにおいて多くの地名に、彼の名前が残っている。

[編集]

出典[編集]