ホルムズ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホルムズ島
現地名:جزیره هرمز
Khezr Beach, Hormoz Island, Persian Gulf, Iran, 02-09-2008.jpg
ホルムズ島ヘズル浜、2008年
地理
座標 北緯27度03分54秒 東経056度27分52秒 / 北緯27.06500度 東経56.46444度 / 27.06500; 56.46444座標: 北緯27度03分54秒 東経056度27分52秒 / 北緯27.06500度 東経56.46444度 / 27.06500; 56.46444
行政

ホルムズ島(ホルムズとう、: Hormuz Island [hɔːrˈmz], : جزیره هرمز‎, Jazireh-ye Hormoz)は、ペルシア湾ホルムズ海峡にあるイランの島。現代ペルシア語の発音に近づけてホルモズ島と呼ばれることもある。面積は約42平方キロメートル。

ペルシア湾、インド洋の海上交易における要衝に位置しており、14世紀に60㎞離れた本土側の港町ホルムズ (現バンダレ・アッバース) から、当時Jarunと呼ばれたこの島に新ホルムズが建設された。1515年ポルトガルに占領された。1622年サファヴィー朝アッバース1世の治世下において、イギリス東インド会社の援助を受けてホルムズ島は奪回された。現在はイランのホルモズガーン州に属する。現在の島では約3000人ほどが生活している。

地理[編集]

ホルムズ島は、バンダレ・アッバースの60km西、イラン本土の最も近い対岸から6km南に離れたペルシア湾上に位置する[1]。面積 42 km2 (16 sq mi)。堆積岩火山性の物質からなる地層で表土がおおわれている。島内で最も高い地点は海抜約186メートル。降水が少ないため、土壌と河川水には塩分が混じる。この気候でヒルギダマシというマングローブ品種の栽培が試みられたことがある。また、新鮮な水が得られないため、イラン本土から飲料水のパイプラインが引かれている。

歴史[編集]

この島は古代ギリシャ世界にはネアルコスが伝えたオルガナ(古希: Όργανα)という名で知られた。また、イスラーム時代にはジャルン( Jarun )と呼ばれていた。ホルムズという名は、本土側にある重要な港、現バンダレ・アッバースの旧称からつけられた[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]