ホスホピルビン酸ヒドラターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホスホピルビン酸ヒドラターゼ
Enolase 2ONE wpmp.png
識別子
略号 ?
他のデータ
EC番号
(KEGG)
4.2.1.11

ホスホピルビン酸ヒドラターゼ(Phosphopyruvate hydratase)またはエノラーゼ(Enolase)は、解糖系に関わる酵素である。

この酵素は、グルコースからピルビン酸に至るまでの最後から2番目のステップである、2-ホスホグリセリン酸ホスホエノールピルビン酸に変換される反応を触媒する。

アイソザイム[編集]

ヒトには5種類のホスホピルビン酸ヒドラターゼのアイソザイムが存在する。

  • α-エノラーゼは細胞質に偏在している。
  • β-エノラーゼは筋肉細胞に存在する。
  • γ-エノラーゼはニューロンに存在する。

スーパーファミリー[編集]

この酵素は、典型的なスーパーファミリーであるエノラーゼスーパーファミリーに属する。ここには似たような反応機構を持ち、進化的に関係のある酵素が分類されているが、作用する基質や生化学的な役割は様々である。他にマンデル酸ラセマーゼなどが含まれる。

阻害[編集]

ホスホピルビン酸ヒドラターゼはフッ素によって阻害される。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]