ベルリン空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルリン大空襲から転送)
移動先: 案内検索
空襲や砲撃で廃墟になった帝国議事堂(1945年)
荒廃したベルリン(1945年6月3日)

ベルリン空襲(ベルリンくうしゅう)は、第二次世界大戦中に連合国ドイツに対して行った空襲である。

概要[編集]

第二次世界大戦開戦後ドイツ本土に対する空襲はほとんど皆無だったが、バトル・オブ・ブリテンドイツ空軍ロンドンを誤爆すると報復としてベルリンが空襲され以降ロンドンベルリンへの報復爆撃合戦となっていった。

戦争初期は優れた防空戦術でイギリス空軍ドイツ空軍が迎撃していたが1943年以降はイギリス空軍が夜間爆撃を、アメリカ空軍が昼間爆撃を行いB-17B-24などの強力な爆撃機を大量に投入し東部戦線の消耗もあって徐々にドイツ空軍の勢いは衰退していった。

1944年ノルマンディー上陸作戦以降はさらに爆撃が激化しドイツ国内が廃墟となった。

1945年には空襲は日常的なものになった。ベルリンの戦いの頃にはソ連軍の砲撃も加わり市民に多数の死者が出た。(詳細はベルリンの戦い参照)

年表[編集]

[1] 1939年

1940年

   26日 イギリス空軍ベルリンに報復爆撃

  • 9月24日 129機の爆撃機がベルリン空襲

  25日 小規模なベルリン空襲

  • 10月25日 イギリス空軍ハンブルク、ベルリンを空襲
  • 11月1日 イギリス空軍ベルリン、ローマを空襲

   21日 イギリス空軍ベルリン空襲

1941年

  • 4月9日 イギリス空軍ベルリン市街地を空襲
  • 8月8日夜間 ソ連海軍による双発機編隊がベルリンを攻撃
  • 11月7日 イギリス空軍ベルリン、ケルン、マンハイムを空襲

影響[編集]

両軍の損害[編集]

なし

脚注[編集]

  1. ^ 【歴史群像】欧州戦史シリーズ各巻

関連項目[編集]