ベルニナ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルニナ線
ビアンコ湖とベルニナ・エクスプレス
ビアンコ湖とベルニナ・エクスプレス
基本情報
起点 サンモリッツ (スイス)
終点 ティラーノ (イタリア)
開業 1910年
所有者 レーティッシュ鉄道
運営者 レーティッシュ鉄道
路線データ
路線距離 60.688 km
軌間 1,000 mm
線路数 単線
電化方式 直流1000V 架空電車線方式
最大勾配 70パーミル
最小曲線半径 45 m
路線図
Karte Berninabahn.png
テンプレートを表示

ベルニナ線(-せん、Berninalinie英語: Bernina Line)は、スイスグラウビュンデン州を中心に384kmの路線網を保有するレーティッシュ鉄道の区間の一部。エンガディン地方サンモリッツと、イタリアソンドリオ県にあるティラーノ間の高低差1824mを、約2時間で結ぶ。

ベルニナ線の開通は1910年。最大勾配70パーミルの路線でありながら、ラック式鉄道ではなく、通常のレールを使った粘着式鉄道で運行させている。粘着式鉄道としてアルプス最高地点を走る。最高地点はオスピチオ・ベルニナ駅英語版の2,253m。

美しいカラマツの森や滝、4000m級のベルニナ山群の名峰、雄大な氷河、山上湖など、アルプスの景観が車窓から広がる。ドナウ川ポー川の分水嶺となっている山上湖ラーゴ・ビアンコや、ブルージオ付近にある360度のループ橋、ポスキアーヴォ谷の中心地、ポスキアーヴォなど、沿線には数多くの見どころが凝縮されている。 通常の列車に加え、スイスを代表する人気の絶景列車、ベルニナ・エクスプレスもこの区間を走る。サン・モリッツ=ティラーノ間に加え、クール=ティラーノ間、ダヴォス=ティラーノ間を結ぶベルニナ・エクスプレスも運行している。

アルプスの自然景観を壊すことなく切り開いた鉄道技術と沿線の美しい景観は、アルブラ線とともに「レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」として、2008年に世界遺産に登録された。

関連項目[編集]

  • 箱根登山鉄道1000形電車 - レーティッシュ鉄道と姉妹提携しており、この路線にちなんだ「ベルニナ号」の愛称名が付く。

出典[編集]

外部リンク[編集]