ベルチャーウミヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルチャーウミヘビ
BelcherSeaSnake.jpg
ベルチャーウミヘビ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: ウミヘビ属 Hydrophis
: ベルチャーウミヘビ
H. belcheri
学名
Hydrophis belcheri
Gray, 1849
和名
ベルチャーウミヘビ
英名
Belcher's Sea snake
Faint-banded Seasnake
Hooked-nose Sea snake

ベルチャーウミヘビHydrophis belcheri)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目コブラ科(ウミヘビ科とする説もあり)ウミヘビ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。

分布[編集]

インド洋東部からフィリピンインドネシアパプアニューギニアオーストラリア北部からソロモン諸島にかけての近海。特にチモール海付近に多く生息している。

形態[編集]

[編集]

本種の持つはあらゆる蛇の持つ毒の中でも最強として知られ、東北大学の田宮博士等11人が1973年ティモール海で行った調査によるとその毒液は、陸棲のいかなる毒蛇より100倍も強力だった。

毒の成分は神経毒から成り、症状は、全身の倦怠感,筋肉痛,運動障害,呼吸困難,麻痺、そして最悪の場合は死に至る。

本種に咬まれた場合は、そのまま放っておくと身体が動かなくなり、溺死してしまう危険性が高いため、とにかくまず陸に上がることが重要である。そして、一刻も早く病院へ急行し、医師による適切な治療を受ける。

生態[編集]

主に熱帯から亜熱帯に生息する。

繁殖形態は卵胎生

比較的大人しい性格の本種から人間に咬み付いてくることはまずないといわれるが、本種の近縁種にはクロガシラウミヘビのように比較的攻撃的な種も存在するので、種の判別に自信がない場合は触らない方が良い。

関連項目[編集]