ベユアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Béhuard
Blason Béhuard.svg
Béhuard-ruelle.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) メーヌ=エ=ロワール県Blason département fr Maine-et-Loire.svg
(arrondissement) アンジェ郡
小郡 (canton) アンジェ3小郡
INSEEコード 49028
郵便番号 49170
市長任期 ブリュノ・リシュ[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) C.U. Angers Loire Métropole
人口動態
人口 119人
2013年
人口密度 54人/km2
住民の呼称 Béhuardais[2]
地理
座標 北緯47度22分48秒 西経0度38分34秒 / 北緯47.38度 西経0.642777777778度 / 47.38; -0.642777777778座標: 北緯47度22分48秒 西経0度38分34秒 / 北緯47.38度 西経0.642777777778度 / 47.38; -0.642777777778
標高 平均:m
最低:12m
最高:16m
面積 2.21km2
Béhuardの位置(フランス内)
Béhuard
Béhuard
テンプレートを表示

ベユアール (フランス語: Béhuard)は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏メーヌ=エ=ロワール県コミューン

2000年から、ベユアールはUNESCO世界遺産に登録されているロワール渓谷の周辺にある[3]

地理[編集]

洪水の規模を示す

ベユアールは、コミューン全体がロワール川に浮かぶ島の上にあり、アンジェの南西16km、ナントの東86km、サヴニエールおよびロシュフォール・シュル・ロワールの中間に連なる段々畑にある。その地理的な位置のために、しばしばロワール川氾濫の影響を受ける。

アンジュー唯一の沖積島の高所に、ベユアールはある。全長3kmという細長い形をした島のため、洪水になると目を見張るような光景になる。1910年には7m、2000年には5.6mまで水が上がった。直近の洪水は2006年である。教会は15世紀に岩の上に建てられている。この教会は、ロワール川で溺れるも助かったルイ11世が建設し、今も聖母巡礼の行われる場所である。

歴史[編集]

最初、ベユアールの地はガリアの母神に捧げられていた。5世紀になってアンジェ司教である聖モーリユが伝道を行い、その後11世紀にアンジェのサン・ニコラ修道院に託された。

11世紀、騎士ビュアールはその働きによってアンジュー伯ジョフロワ・マルテルの土地を授けられた。ビュアールという名がのちにベユアールに転じた。なぜなら、住民たちには発音が難しかったからである。

1469年から1482年の間、ルネ・ダンジューの甥であるルイ11世は、ロワール川で船が沈んで溺れかけ助けられた後、聖母に捧げる教会の建設を命じた。教会は二重の身廊を持っていた[4]

15世紀までベユアールは、船乗りや旅行者を保護する聖母の名声のため、船頭が巡礼する場所だった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
110 85 100 93 94 110 127 119

参照元:1962年から1999年まで人口の2倍カウントなし。1999年までEHESS/Cassini[5]、2004年以降INSEE[6][7]

経済[編集]

2010年終わりの時点で、ベユアールには12の団体や事業所があり、農業分野、産業分野、建設分野のいずれもない。75%が商業とサービス業であり、25%が行政および医療福祉である[8]

史跡[編集]

  • ノートルダム教会 - 1862年より歴史文化財指定[9]
  • 15世紀から17世紀建設の住宅
  • 奇跡の聖母像 - 16世紀にプラムの木で彫られた。

脚注[編集]