ベセリン・トパロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベセリン・トパロフ
Veselin Topalov Sofia Airport 24.10.2005.pic-01.jpg
フルネーム Веселин Александров Топалов
 ブルガリア
生誕 (1975-03-15) 1975年3月15日(43歳)
ルセ
タイトル グランドマスター
世界選手権 2005–06 (FIDE)
FIDEレート 2749 (2018年2月)
最高レート 2816 (2015年7月)
ランキング 10位 (2016年9月)
最高ランキング 1位 (2006年4月)

ベセリン・トパロフ(Веселин Топалов, 1975年3月15日 - )は、ブルガリアチェス選手である。 2005年FIDE世界チェス選手権で優勝し、世界チャンピオンとなった。2006年1月のFIDEレーティング・リストにおいて、Eloレーティングは 2801 であり、引退したカスパロフに続いて第2位である。

トパロフは、8歳の時に父からチェスを教えられた。1989年に、プエルトリコで開かれた14歳以下世界選手権で優勝、1990年にシンガポールで開かれた16歳以下選手権で第2位になった。そして、1992年グランドマスターになった。

2005年の世界チェス選手権(8人の総当たり戦)では、6勝0敗8引き分けで優勝。翌2006年,クラシカル世界チャンピオンのウラジーミル・クラムニクと世界チャンピオン統一戦を戦ったが、タイブレークの末敗退。

2010年にはFIDEの世界選手権で王者のヴィスワナータン・アーナンドと対戦するが、僅差で敗れた。