ベジポタラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベジポタラーメン

ベジポタラーメンとは、じゃがいもたまねぎトマトなどの数種類の野菜をポタージュ状にしたものと豚骨スープを使用しているラーメンベジタブル・ポタージュラーメンの略である。

スープは濃厚かつ野菜の甘みが強く、ヘルシーで食感・風味が特徴的である。他の一般的なラーメンには入っていないブロッコリーレンコンオクラなどの野菜の素揚げが入っていることもある。

歴史[編集]

ベジポタラーメンのパイオニアは、つけ麺えん寺の店長である藤本通利で、つけ麺として開発された。着想は、日本そば店でとろろそばを食した瞬間に生まれたという。修行経験のなかった藤本は、その常識にとらわれない着想を元に、スープの商品化を成功させた。名付け親はラーメン評論家の石山勇人。初期は開発された通り、主につけ麺のつけ汁が主流であった。

また、石山勇人は企業と提携しベジポタラーメンのカップ麺の開発を進め、2009年10月に販売を開始した。その他の種類のカップ麺も販売されており、女性ユーザーを狙ってスタイリッシュなパッケージを採用している。現在では全国にベジポタラーメンを扱う店が出てきている。

作り方[編集]

材料[編集]

レシピ[編集]

  1. 上述した【A】の材料を火が通りやすい大きさに切る。その後、サラダ油で表面に少し焼き色がつく程度に炒める。
  2. 1で炒めた野菜をすべてミキサーにいれ、さらに鶏ガラスープも入れる。そして、完全に形がなくなるくらいミキサーにかける。
  3. 2を鍋に移し、弱〜中火で5分ほど煮込む。このとき、焦がさないように注意する。
  4. 生麺をゆでる。
  5. スープとしっかりと湯切りした麺を器に移し、スープとよくなじませる。
  6. お好みの具材をきれいに盛りつけて完成。

食べ方[編集]

リゾットライス
焼きチーズをのせたおにぎりタイプのものと、お茶碗に盛ったものの2種類がある。ラーメンの締めとして残りのスープに入れリゾットを楽しむ、という2度おいしい食べ方となっている。
調味料
バジルオイル、バジルパウダー、ガーリックパウダー、チリパウダーなど、イタリアンの調味料がおいてあるお店が多い。ブラックペッパー一味唐辛子などの基本的な調味料もある。

種類[編集]

塩ベースのスープであり、ベーシックなスープである。
トマト
トマトベースのスープであり、洋風な味でなおかつリコピンなどが多いため女性人気が高い。トッピングでチーズを使用することが多い。また、洋風な味付けのためリゾットライスとの相性も良い。
つけ麺
スープはよりドロッとした濃厚なものになっている。は太麺を使用しているものが多く、濃厚なスープとからめて食べる味わいに人気がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]