ベイスターズ・ベースボールアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

特定非営利活動法人ベイスターズ・ベースボールアカデミーは、日本セ・リーグ球団横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)と新日本石油株式会社(現JXTGエネルギー株式会社)が提携して神奈川県横浜市2006年4月3日に設立したNPO法人神奈川県知事認証)である。設立当初は『横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ』という名称だったが、2012年6月に『ベイスターズ・ベースボールアカデミー』に名称変更した。

概要[編集]

ベイスターズ・ベースボールアカデミーは活動目的を次の通り定めている。

  1. 野球を中心としたスポーツの技術指導を通じて、競技力の向上と野球ファンの開拓を行う
  2. スポーツの楽しさ、スポーツマンシップの大切さを伝え、子供達の健全な発達に寄与する
  3. 共に参加し、共に楽しみ、共に成長する

上記の目的のために、小学生と中学生を対象にした野球教室、指導者講習会、病院養護施設訪問を行っている。

理事長は名球会会員であり、横浜DeNAベイスターズOBJX-ENEOS野球部OBでもある平松政次である。副理事長は元横浜DeNAベイスターズ選手で現在は球団職員の畠山準である。

野球教室などでの指導員は、平松政次や屋鋪要をはじめとした現役を引退した横浜・大洋OBの元プロ選手や、球団職員(鈴木尚典北川利之小山田保裕桑原義行)があたっている。この際、指導員は横浜DeNAベイスターズの現役選手と同様に、背番号付きのホームユニフォームを着用する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]