ヘンリー・ストンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンリー・M・ストンメル
生誕 (1920-09-27) 1920年9月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 デラウェア州ウィルミントン
死没 (1992-01-17) 1992年1月17日(満71歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 海洋物理学
研究機関 ウッズホール海洋研究所ハーバード大学マサチューセッツ工科大学
出身校 イェール大学
主な業績 西岸強化理論
深層循環モデル
海流の渦による水平混合
主な受賞歴 アレキザンダー・アガシー・メダル(1979年)
クラフォード賞(1983年)
プロジェクト:人物伝

ヘンリー・M・ストンメル(Henry Melson Stommel、1920年9月27日 - 1992年1月17日)はアメリカ合衆国海洋物理学者。

経歴[編集]

1920年にデラウェア州ウィルミントンで出生。イェール大学1942年に卒業。1944年から死去する1992年まで[1]ウッズホール海洋研究所に勤務。1960年から1963年と1963年から1978年までハーバード大学マサチューセッツ工科大学海洋学教授に就任。

1948年には西岸強化理論1958年には深層循環モデルを提唱。1950年12月6日に結婚し3人の子供がいる。1992年に死去。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • The Gulf Stream(邦題:メキシコ湾流、1958年)
  • Kuroshio, its physical aspects(邦題:黒潮、東京大学出版会吉田耕造と共著、1972年)
  • A View of the Sea(邦題:海を観測する、1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1960年から1978年までは大学教授をしていたため非常勤。

関連項目[編集]