ヘンリエッテ・アレクサンドリーネ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
テシェン公妃ヘンリエッテ
夫カールと子供たち

ヘンリエッテ・アレクサンドリーネ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクHenriette Alexandrine Friederike Wilhelmine Prinzessin von Nassau-Weilburg, 1797年10月30日 - 1829年12月29日)は、オーストリア大公テシェン(チェシン)公カールの妃。

ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムと、その妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルク(1772年 - 1827年)の次女として、バイロイト近郊で生まれた。ナッサウ公ヴィルヘルムの妹で、ルクセンブルク大公アドルフの叔母に当たる。

1815年9月、ウィーンで44歳のカールと結婚。7子をもうけた。