ヘキサプレニル二リン酸シンターゼ (ゲラニルゲラニル二リン酸特異的)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘキサプレニル二リン酸シンターゼ (ゲラニルゲラニル二リン酸特異的)
識別子
EC番号 2.5.1.82
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum

ヘキサプレニル二リン酸シンターゼ (ゲラニルゲラニル二リン酸特異的)(hexaprenyl diphosphate synthase [geranylgeranyl-diphosphate specific])はユビキノンの合成に関わるプレニル基転移酵素の1つで、次の化学反応触媒する酵素である。

ゲラニルゲラニル二リン酸 + 2 イソペンテニル二リン酸 2 二リン酸 + all-trans-ヘキサプレニル二リン酸

組織名はgeranylgeranyl-diphosphate:isopentenyl-diphosphate transferase (adding 2 isopentenyl units)である。

分布[編集]

好熱性古細菌Sulfolobus solfataricusから見出されている[1][2]

構造[編集]

Sulfolobus solfataricusのヘキサプレニル二リン酸シンターゼはホモ2量体で機能している[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Hemmi, H.; Ikejiri, S.; Yamashita, S.; Nishino, T. (2002年). “Novel medium-chain prenyl diphosphate synthase from the thermoacidophilic archaeon Sulfolobus solfataricus. J. Bacteriol. 184 (3): 615–620. doi:10.1128/JB.184.3.615-620.2002. PMC 139513. PMID 11790729. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=139513. 
  2. ^ Hemmi, H.; Noike, M.; Nakayama, T.; Nishino, T. (2002年). “Change of product specificity of hexaprenyl diphosphate synthase from Sulfolobus solfataricus by introducing mimetic mutations”. Biochem. Biophys. Res. Commun. 297 (5): 1096–1101. doi:10.1016/S0006-291X(02)02348-3. PMID 12372398. 
  3. ^ Sun, H.Y.; Ko, T.P.; Kuo, C.J.; Guo, R.T.; Chou, C.C.; Liang, P.H.; Wang, A.H. (2005年). “Homodimeric hexaprenyl pyrophosphate synthase from the thermoacidophilic crenarchaeon Sulfolobus solfataricus displays asymmetric subunit structures”. J. Bacteriol. 187 (23): 8137–8148. doi:10.1128/JB.187.23.8137-8148.2005. PMC 1291270. PMID 16291686. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1291270.