プレーリー・オイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プレーリー・オイスター
Prairie Oyster .jpg
基本情報
種別 ノンアルコールカクテル
作成技法 ビルド
グラス オールド・ファッションド・グラス
アルコール度数
レシピの一例
テンプレートを表示
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • プレーリー・オイスター[1]
  • プレイリー・オイスター[2]

プレーリー・オイスター(Prairie Oyster)は、鶏卵卵黄を主材料としたノンアルコールカクテル

概要[編集]

名称は直訳すれば「大草原のカキ(牡蠣)」となる。イギリスのカクテルレシピ本『The flowing bowl』によれば、かつてアメリカテキサス州の草原で、病気で死に瀕した男がカキを食べたいと言い出し、仲間が苦心の挙句にソウゲンライチョウの卵を入手し、カキに似せて調味して与えたという話が由来とされる[3][4]。味ではなく喉ごしをカキに似せたとの解釈もあり、生ガキを好むニューヨーカーが、カキのない季節に代用で飲むともいう[5]

二日酔いに効くともいい[1][2][6]、特にアメリカ西部では有名な二日酔い対策である[7]

レシピ[編集]

作り方[編集]

卵黄を崩さないように注意しながらグラスに入れ、そこへほかの材料を加える[2][8]。逆に、ソース、ケチャップ、ビネガーを混ぜた中に卵黄を落とし、コショウを振るという作り方もある[1]。飲む際には、卵黄を崩さないように一気に飲むのが正しいとも[2][8]、卵黄を砕いても構わないともいう[1]

バリエーションとして、ケチャップではなくトマトジュースを用いることもあり[9]唐辛子の粉末[2]タバスコ[2][6]セロリソルト[2]などが用いられることもある[7][10]ウォッカ[6][7]ブランデー[2]バーボン・ウイスキーなどを用いてアルコール仕立てにする場合もあるが[10]、これは二日酔い対策として飲む際、迎え酒の効果を高めるためともいわれる[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 荻野 2010, p. 109
  2. ^ a b c d e f g h ビッグズ 1997, p. 40
  3. ^ Edward Spencer (1899). The flowing bowl. Stanley Paul. p. 167. NCID BA32329280. 
  4. ^ 城アラキバーテンダー』Vol.16、長友健篩画、集英社ジャンプ・コミックス デラックス〉、2012年8月24日、43-47頁。ISBN 978-4-08-859827-7
  5. ^ “何でも食べるぞッ 変わり種カクテル・材料は酢、ケチャップ…”. 熊本日日新聞 夕刊 (熊本日日新聞社): p. 5. (1993年8月23日) 
  6. ^ a b c ナリタノゾミ (2013年8月11日). “お盆休みの朝に、二日酔い対策にピッタリのドリンクを”. Ha Ma Wo. 2014年6月21日閲覧。
  7. ^ a b c Brent Rose (2012年8月29日). “古今東西の変わった二日酔い対策、19個”. ギズモード (ゴーカー・メディア). http://www.gizmodo.jp/2012/08/19_3.html 2014年4月26日閲覧。 
  8. ^ a b 中村 1995, p. 368
  9. ^ a b Catherine Zuckerman (2013年1月4日). “二日酔いの治療法、世界でさまざま”. ナショナルジオグラフィック ニュース (ナショナルジオグラフィック協会). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/7337/?ST=m_news 2016年6月12日閲覧。 
  10. ^ a b “女性お断り、男が飲みたい「男の酒」 TOP10”. ロケットニュース. (2011年1月28日). http://rocketnews24.com/2011/01/28/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%8A%E6%96%AD%E3%82%8A%E3%80%81%E7%94%B7%E3%81%8C%E9%A3%B2%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%8C%E7%94%B7%E3%81%AE%E9%85%92%E3%80%8D-top10/ 2014年4月26日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 荻野修一『おうちカクテル150』主婦の友社、2010年7月2日。ISBN 978-4-07-272796-6
  • 中村健二『カクテルポケット図鑑』主婦の友社〈生活シリーズ〉、1995年4月。ISBN 978-4-07-216616-1
  • デイビッド・ビッグズ『カクテル ベストセレクション132』佐々木なおみ訳、駿台曜曜社、1997年3月。ISBN 978-4-89692-143-4