ブロサード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブロサード/ブロサール
Ville de Brossard
 カルティエ DIX30
 カルティエ DIX30
位置
ブロサードの位置の位置図
ブロサードの位置
座標 : 北緯45度28分0秒 西経73度27分0秒 / 北緯45.46667度 西経73.45000度 / 45.46667; -73.45000
歴史
設立 1958年
合併 2002年
離脱 2006年
行政
カナダの旗 カナダ
  Flag of Quebec.svg ケベック州
 行政区 モンテレジー地域
 市 ブロサード/ブロサール
市長 Doreen Assaad
地理
面積  
  市域 52.20 km2
人口
人口 2016年[1]現在)
  市域 85,721人
    人口密度   1896人/km2
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
市外局番 450、579
公式ウェブサイト : [1]

ブロサード(Brossard)(もしくはブロサール)は、カナダケベック州モンテレジー地域にある都市。セントローレンス川の南岸にあるモントリオール郊外の住宅地である。2016年統計では人口はで人口は85,721人、2011年の統計[2]では面積は52.20平方キロメートル。公用語の仏語読みではブロサール、英語ではブロサードとブロサールの両方の呼称が使われるが、現地ではブロサールの方が一般的である。

概要[編集]

1958年にLa Prairie-de-la-Madeleineのパリッシュとして設立。2002年にロンゲールと合併し、ロンゲール市の行政区となった。その後、2006年にロンゲール市から分離して再び独立自治体となったが分離後もロンゲール都市圏(L'agglomération de Longueuil)に属する。

主に1980年代より宅地開発が行われてきた典型的な北米の新興住宅地であり、特に中産階級以上の移民が多く住む多民族都市となっており人口増加が著しい。市内にはシャンプラン・モールカルティ・DIX30と言った商業施設がある。

子供の間ではフィギュアスケートの人気が高くBrossard FSCというチームがある。

人口動態[編集]

母語話者(ブロサード)2016
フランス語
  
43.98%
英語
  
11.95%
広東語
  
5.84%
北京語
  
5.17%
スペイン語
  
4.85%
アラビア語
  
4.74%

2016年センサスによる人口は85,721人で、2011年から8.1%%も人口が増加した。2016年の住民の母語はフランス語が43.98%、英語11.95%、その他の言語が39.3%を占めておりモントリオールの中では最も多い部類である。多い順に広東語5.84%、北京語5.17%、スペイン語4.85%、アラビア語4.74%、ペルシャ語2.37%、ベトナム語1.77%と続く。また、モントリオール島外の中では英語話者が比較的多い自治体であり、2011年の調査で家庭で英語を使用する割合は17%となっている。2006年の統計によると、民族は中国系が全人口の11%を占め、モントリオール大都市圏の自治体としては最も高く、その他ベトナム系などのアジア系住民が比較的多く住む。比較的中産階級以上の新移民が流入しやすくなってい都市として知られるモントリオール有数の多民族都市となっている。

交通[編集]

シャンプラン橋

セントローレンス川を渡るシャンプラン橋の交通渋滞が激しいことから、2019年に新しく建て替えられたシャンプラン橋を通ってモントリオール中心部と結ぶREMという鉄道路線が2020年に完成予定であり[3]、市内にはPanama、Du Quartier and Rive-Sudの3つの駅が設けられてる予定である。

RTL(Réseau de transport de Longueuil)による路線バスが運行されており、パナマターミナルが市内の拠点となっており、ここに2021年にはREM電車のPanama駅が設置される。

脚注[編集]

外部リンク[編集]