ブリ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリ属
Almaco jack.PNG
ヒレナガカンパチ S. rivoliana
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
: アジ科 Carangidae
: ブリ属 Seriola
学名
Seriola
Cuvier, 1816
本文参照

ブリ属Seriola)は、スズキ目アジ科の一つである。全世界の亜熱帯・温帯海域に分布する回遊性の大型肉食魚類で、食用魚として扱われる。

概要[編集]

他のアジ科魚類と同様に、小さい第一背鰭と長い第二背鰭を持ち、肛門と臀鰭の間に2本の遊離棘がある。全身細かいに覆われるが、アジ亜科に顕著な側線上の稜鱗(ゼイゴ、ゼンゴ)は発達しない。多くの種は、稚魚の時代は横縞があり、成長とともに消失する。ブリカンパチは消失が早い部類だが、バンデッド・ラダーフィッシュは30センチ前後に成長するまで横縞が残る[1]。また、サムソンフィッシュは成熟した成魚でも、釣り上げると薄く横縞が浮き出てくる[2]。成魚は背が緑・紫・青の寒色で、腹側は白色となる。ブリカンパチヒラマサなどの成魚は、体の中央に黄色い縦帯が走っており、英名のAmberjack(コハクのアジ)の由来となっている。学名Seriolaは、属の命名者ジョルジュ・キュヴィエの母国フランスカンパチを指すSérioleに基づき、語源はラテン語で「土器の壺」を意味する[3]。すべて肉食性で、小型魚・甲殻類・頭足類を摂食する。

寒流のベンゲラ海流流域に住むギニアン・アンバージャックや強い海流の流域から外れたオーストラリア大陸沿岸に住むサムソンフィッシュを除くと、三大洋の熱帯・亜熱帯の海域に広く分布し、黒潮流域に住むブリメキシコ湾流流域に住むバンデッド・ラダーフィッシュが北に広く分布する。種によって差異はあるが、おおむね水深100m前後の沖合低層を回遊し、産卵期に岸辺へ接近する。そのため、漁場は沖合漁業・沿岸漁業が主で、陸釣り・船釣りの対象魚ともなる。

国際連合食糧農業機関(FAO)の推計によると、2014年に世界で生産(天然物の水揚量と養殖物の生産量の総計)されたブリ類(ブリ属に加えアイブリ等の近縁種を加えたもの)は約33万トンに達する[4]。そのうち26万トンが日本で生産され、1万トンを超える国は中国韓国インドネシアが占める。全世界の養殖生産量は年平均15万トン程度で推移しているが、その80%は日本と韓国で生産されるブリカンパチヒラマサが占める。その他の地域では、ニュージーランドヒラマサアメリカヒレナガカンパチの養殖が行われている[5]。日本では刺身として生食されることが多いが、世界的には鮮魚・冷凍のほかにも塩漬け干物に加工する地域もある[6][7]。熱帯水域のサンゴ礁で生育した1m超のカンパチヒラマサの老魚ではシガテラ毒を蓄積し、中毒症を起こす場合もある。

[編集]

ブリ属 Seriola Cuvier, 1816 (Amberjack) - 9種:[8]

流通する個体の体長40cm(最大72.5cm)。喜望峰付近からビスケー湾に至る大西洋東岸を中心に広く分布する。アフリカ沖ではカンパチと生息域が重なるために混同が多く、新種登録が極端に遅い1971年にずれ込んだ。暖かい海域に生息する種が多いブリ属としては例外的に、寒流ベンゲラ海流の流域に生息し、18-24度程度の水温に適している[9]

流通する個体の体長100cm(最大190cm)。地中海を含む三大洋の赤道を中心に亜熱帯・温帯水域に広く分布する汎存種。そのためジョルジュ・キュヴィエが新属を提唱した際にタイプ種に定めた。単独行動を取ることが多く、日本では天然物が市場に並ぶ機会は極めて少なく、ほぼ養殖物で占められている。ヨーロッパではイタリアフランスなど地中海周辺で消費が多い[10]

流通する個体の体長50cm(最大67.5cm)。ブラジルからアメリカ東海岸にかけての西大西洋、飛び地としてマデイラ諸島近海に分布する。ブリ属としては小型の種だが、新種の登録は1793年と最も早かった。マデイラ諸島産はギニアン・アンバージャックの生息域と重複するため、その見極めをさらに困難にした。稚魚の横縞は直線的ではなく、蛇行している[11]

最大体長150cm。グレートオーストラリア湾沿岸を中心に、オーストラリア大陸南半分やニュージーランド南島近海に分布するオセアニア固有種。日本の釣り愛好家には「ミナミカンパチ」の通称で呼ばれ、南半球でのゲームフィッシングの対象魚に挙げられる。オーストラリア・ニュージーランドでの食料としての流通量は多くはない[12]

流通する個体の体長80cm(最大250cm)。三大洋の南北回帰線を中心に亜熱帯・温帯水域に広く分布する汎存種。18-24度の低水温を好むため、温帯域の日本やニュージーランド、喜望峰付近まで広く分布する一方、赤道付近の熱帯水域は少ない。単独行動を取るために天然物は少なく、日本やニュージーランドでは養殖物が広く出回る。アジ科最大記録を持つ大型魚[13]

流通する個体の体長40cm(最大57cm)。太平洋赤道反流終点に近いメキシコ西海岸からエクアドルの沿岸、ガラパゴス諸島近海に生息する。ブリ属の中では生息域が最も狭く、また最小種で、現地では塩漬けや干物など保存食として加工される[14]

流通する個体の体長100cm(最大150cm)。日本列島を取り囲む東シナ海太平洋日本海に生息する、日本列島・朝鮮半島沿岸の固有種。古来より日本の食文化に大きく関わっており、消費量・漁獲高・養殖生産量とも他のブリ属を大きく引き離す。アジ科としては扁側が少なく、紡錘形に近い点で、カンパチやヒラマサと判別できる。ヨーロッパにはシーボルトによってその存在が知らされた[15]

流通する個体の体長90cm(最大160cm)。三大洋の赤道を中心に亜熱帯・温帯水域に広く分布する汎存種。赤道直下の高水温から黄海ペルー沖の冷水域まで広く分布し、水深30m程度の浅い海でも活動できる。アメリカ合衆国では養殖魚の一つとなっている。第二背鰭と腹鰭の先端が上下に尖っている[16]

流通する個体の体長50cm(最大75cm)。カリブ海メキシコ湾を含む。ブラジルからカナダ沖までの大西洋西岸に生息する固有種。フォーチュン・ジャックに次ぐ小型種。英名にあるように、30cm程度の若魚に育つまで横縞模様が消えず、生涯横縞が消えない近縁種のブリモドキの英名と同じPilotfishという通称もある[17]

参考文献[編集]

  1. ^ Wikipedia英語版Amberjack”. 2016年5月2日閲覧。
  2. ^ WEB魚図鑑・サムソンフィッシュのページla”. 2016年5月2日閲覧。
  3. ^ FishBaseカンパチのページ”. 2016年5月2日閲覧。
  4. ^ 世界のブリの漁獲量・生産量 国別ランキング・推移”. 2016年5月2日閲覧。
  5. ^ Wikipedia英語版Seriola”. 2016年5月2日閲覧。
  6. ^ FishBase(Fortune jack)”. 2016年5月2日閲覧。
  7. ^ FishBase(Almaco jack)”. 2016年5月2日閲覧。
  8. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2013). Species of Seriola in FishBase. February 2013 version.
  9. ^ FishBase(Guinean amberjack)”. 2016年5月2日閲覧。
  10. ^ FishBase(Greater amberjack)”. 2016年5月2日閲覧。
  11. ^ FishBase(Lesser amberjack)”. 2016年5月2日閲覧。
  12. ^ FishBase(Samson fish)”. 2016年5月2日閲覧。
  13. ^ FishBase(Yellowtail amberjack)”. 2016年5月2日閲覧。
  14. ^ FishBase(Fortune jack)”. 2016年5月2日閲覧。
  15. ^ FishBase(Japanese amberjack)”. 2016年5月2日閲覧。
  16. ^ FishBase(Almaco jack)”. 2016年5月2日閲覧。
  17. ^ FishBase(Banded rudderfish)”. 2016年5月2日閲覧。