アントワーヌ・リッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジュゼッペ・アントニオ・リッソ

アントワーヌ・リッソまたはジュゼッペ・アントニオ・リッソ(Antoine Risso、Giuseppe Antonio Risso、1777年4月8日 - 1845年8月25日)は、ニース(当時、サルデーニャ王国)生まれの薬学者博物学者である。

略歴[編集]

ニースで生まれた。ニースはリッソの生まれた時はサヴォイ公の領地であったが、リッソが15歳の時、フランス軍の侵攻を受け、後にフランス領となる。トリノの薬学者、バルブス(Giovanni Battista Balbis)の元で学び、シャルトルゥー(Augustin Balmossiere-Chartroux)が経営する薬局で薬剤師見習いを7年間続けた後、1802年に薬剤師の資格を得た。ニースの病院で働き、医学専門学校などの植物学教授に任じられ、植物園の園長を務めた。

著作に 「ニースの魚類学」("Ichthyologie de Nice" :1810)、「南ヨーロッパ主要産物の自然史」("Histoire naturelle de principales productions de l’Europe méridionale" :1826)、「ニースの植物」("Flore de Nice":1844)などがあり、多くの魚類などの記載を行った。

ハナゴンドウのヨーロッパでの通称、「Risso's dolphin」や、学名では藻類のRissoellaceae科の属名Rissoellaや、貝類のRissoella genderの属名などはリッソに因んで命名された。

Rissoは、植物の学名命名者を示す場合にアントワーヌ・リッソを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  • Bibliographie d'Antoine Risso, sur paleopolis.rediris.es
  • Emig C. C., 2012. Révision des espèces de brachiopodes décrites par A. Risso. Carnets de Géologie / Notebooks on Geology, Article 2012/02 (CG2012_A02) avec en annexe la bibliographie scientifique de A. Risso
  • Gaston Fredj et Michel Meinardi (2007). L'Ange et l'Orchidée : Risso, Vérany & Barla : une lignée de savants de renommée mondiale à Nice au XIXe siècle, Serre Éditeur (Nice) : 149 p. 978-2-86410-490-2
  • Monod T. & J.-C. Hureau (eds), 1977. Antoine Risso, 1777-1845. Volume publié à l'occasion du bicentenaire de sa naissance. Annales du Muséum d'Histoire naturelle de Nice, 5, 214 p., 10 fig., 12 pl.