ブリューゲル (シンクタンク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブリューゲル(Bruegel)は欧州連合(EU)本部のあるブリュッセルベルギー)に本拠を置くシンクタンク2004年8月10日に設立され、2005年より活動をしている。ブリューゲル(Bruegel)とは「ブリュッセル欧州世界経済研究所(Brussels European and Global Economic Laboratory)」の頭文字をつなげたものであるが、ルネサンス期の画家ピーテル・ブリューゲルの名前に掛けたものでもある。会長はポーランドの元財務相・前中央銀行総裁のレシェク・バルツェロヴィチ

ブリューゲルは「自由でかつ事実をベースとしかつ政策に関連した研究、分析、討議を通じてヨーロッパの経済政策の立案の質を向上することに貢献する」ことを目的としている。

ブリューゲルはEU加盟国政府の多くから出資と国際的な協力を得て設立された。出資者を分散すること(どの出資者からもその予算の5%を超えて資金提供を受けることはない)、内部ガバナンスの透明性と質の高さ、そして内部の研究者たちの豊富な経験によって、ブリューゲルの独立性と知的誠実性が保障されている。

ガバナンス[編集]

2008年からのブリューゲルの理事会は会長のレシェク・バルツェロヴィチを筆頭に、Lydia Aguirre、 Frank Dangeard、Anna Ekström、Caio Koch-Weser、Thomas Mirow、Jim O'Neill、Jarosław Pietras、Adam Posen、Peter Praet、Hellen Wallaceによって構成されている。2005年から2008年まで会長を務めたMario Montiは現在は名誉会長。

ブリューゲルの科学部会の委員は理事会によって任命される。現在の部会長はPaul Seabright。

研究者[編集]

2009年初頭の時点でのブリューゲル専属研究者には、理事のJean Pisani-Ferryのほか、André Sapir、Bruno van Pottelsberghe、Reinhilde Veugelers、Zsolt Darvas、Indhira Santos、Nicolas Véron、Jakob von Weizsäckerがいる。

会員[編集]

ブリューゲルには現在、国家会員、企業会員、提携研究所会員という3つの会員カテゴリーがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]