ブリスボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブリスボール(英語:Bliss Ball)とは、No Sugar、No Gluten、No Additivesをコンセプトとする、ドライフルーツやナッツなどの自然素材を原料に作られるボール状の菓子で、オーストラリアが発祥である。

ブリスボール
日本初上陸のFood jewelryのブリスボール


概要[編集]

ヘルシーさから「Guilt-free treat(罪悪感ゼロ!なおやつ)」とも言われる。ナッツドライフルーツなどを用い、動物性食品を使わず加熱もせずに作ることができる。エナジーボールやビューティーボールと呼ばれることもある。[要出典]

歴史[編集]

オーストラリアから広がり、イギリス香港などでも、ヨギーおよびヨギーニ(ヨガを行っている人)を中心に、食に対する意識が高い人たちが始める。

2013年頃より、関連記事やレシピなどがウェブ上で出始め、手軽に作ることができる、Guilt-free(罪悪感ゼロのおやつ)として、instagramを始めとして世界的な広まりを見せている。

日本でのブリスボールの提唱者は、エリカ・アンギャルやサラ・ウィルソンが有名。

本場オーストラリアでは、コーヒーに添える「スイーツ」として、カフェで、運動前後の「エナジーボール」として、スーパーやヘルスストアで、ヘルシー&簡単な手作りお菓子として自宅でなど、幅広く嗜まれている。[要出典]


日本の専門店[編集]

FOOD JEWELRY(東京都港区)は、日本初のブリスボール専門店である[1]。。

種類[編集]

ブリスボールの種類に明確なものはない。基本的に何を入れてもよい。以下、主に原材料として使われる素材を挙げる。

製法[編集]

準備しておくべきもの
手順
  1. 大きなボールにすべての材料を入れて混ぜる
  2. スプーンですくって、小さな食べやすいサイズのボールにする
  3. 冷蔵庫に入れて固める
  4. ボールの上にふりかけるべきものがあればふりかける。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]