ブランシュ・ド・ナヴァール (1177-1229)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランシュ・ド・ナヴァール
Blanche de Navarre
ヒメノ家
Blanca of Navarra (1177-1229).jpg

称号 シャンパーニュ伯
出生 1177年
死去 1229年
配偶者 シャンパーニュ伯ティボー3世
子女 マリー
ティボー
父親 ナバラサンチョ6世
母親 サンチャ・デ・カスティーリャ
テンプレートを表示

ブランシュ・ド・ナヴァールBlanche de Navarre1177年 - 1229年)は、ナバラ王女。シャンパーニュ伯ティボー3世の妃。

生涯[編集]

ナバラ王サンチョ6世とカスティーリャ王アルフォンソ7世の王女サンチャの娘として生まれた。リチャード獅子心王の妃ベレンガリアサンチョ7世の妹である。

1199年にティボー3世と結婚し、マリー、ティボーの2子を得た。息子ティボーはシャンパーニュ伯位に加え、1234年のサンチョ7世の死後にナバラ王位を継いだ。