ティボー3世 (シャンパーニュ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティボー3世の璽

ティボー3世Thibaut III de Champagne1179年1月3日 - 1201年3月24日)は、シャンパーニュ伯アンリ自由伯と妃マリー・ド・フランスの最年少の男子。

生涯[編集]

1197年、長兄アンリ2世の死により、後継者に指名され、伯位を継承した。

1199年、シャルトルにてナバーラ王女ブランシュと結婚した。彼女はサンチョ6世の娘で、イングランドリチャード1世ベレンガリアの妹であった。

ローマ教皇インノケンティウス3世の呼びかけに応じて、義兄弟であるフランドル伯ボードゥアン、いとこのブロワ伯ルイ1世とともに十字軍への参加を決めた。ティボーは第4回十字軍の指揮官を務めることになった。

1200年、妃ブランシュが女児を生み、マリーと名づけられた。聖地遠征の準備を進めていたさなかの1201年3月24日、ティボーはトロワの宮殿で急死した。彼の死からわずか数日後の3月30日、懐妊中であったブランシュが男児を出産した。この男児がティボー4世として伯位を継承した。また、ティボーは男子の絶えたナバラ王位も継承し、テオバルド1世となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
アンリ2世
シャンパーニュ伯
Blason région fr Champagne-Ardenne.svg
1197年 - 1201年
次代:
ティボー4世