ブライトホルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西側のクライン・マッターホルンからの眺め
ブライトホルン
北側のガンデック小屋から見たブライトホルン
標高 4,164m (13,661ft)
比高 433m (1,421ft) [1]
主山頂 モンテ・ローザ
所在地
山系 ペンニネアルプス山脈
座標 北緯45度56分28秒 東経7度44分50秒 / 北緯45.94111度 東経7.74722度 / 45.94111; 7.74722座標: 北緯45度56分28秒 東経7度44分50秒 / 北緯45.94111度 東経7.74722度 / 45.94111; 7.74722
登山
初登頂 1813年
最容易登山道 氷河/雪原

ブライトホルン: Breithorn、大きい山の意)は、スイスイタリアの国境にあるペンニネアルプス山脈の山。標高4164m。マッターホルンモンテローザのおよそ中間、テオドゥル峠の東のアルプス主系に位置する。大部分は氷河に覆われ、主峰の東側に中ブライトホルン、東ブライトホルン、ブライトホルンツヴィリンゲ、ロッチャ・ネーラなど、いくつかの副峰がある。主峰はしばしば西ブライトホルンの名で区別される。最も近い村はヴァレー州ツェルマットヴァッレ・ダオスタ州アヤスである。

アルプスの4000m級のなかでは、最も登りやすい山とされる。ツェルマットから登山道の起点である3820m地点まで、クライン・マッターホルンのケーブルカーで行けるためである。イタリア側(南側)の標準ルート(南南西)は、35度の雪の斜面を登るまで、氷河の高原が続く。しかし、慣れていない登山者が雪庇や悪天候に遭遇すると、厳しい困難に直面する場合がある。さらなる挑戦を望む熟練した登山者には、ブライトホルンの尾根を半分トラバースする選択肢もある。

1813年にヘンリー・メイナード、ジョゼフ=マリー・クッテ、ジャン・グラス、ジャン=バプティスト・エラン、ジャン=ジャック・エランが初登頂した。

脚注[編集]

  1. ^ スイス連邦地形局発行の地図による。中心的な鞍部はシュヴァルツトル (3731m) である。

外部リンク[編集]