ブスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブスケット
Duomo di Pisa, targa 2.JPG
ピサ大聖堂ファサードにあるブスケットの墓標
生誕 11世紀
死没 12世紀
国籍 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
職業 建築家
建築物 ピサ大聖堂

ブスケット(イタリア語: Buscheto、もしくはBusketoBuschetto)は、イタリアの建築家。

経歴[編集]

ピサ首座大司教座建設組織イタリア語版の記録によれば、ピサ大聖堂の設計をブスケットが行なったとされている。彼が活躍した11世紀から12世紀の平均寿命を考慮すれば、彼がピサ大聖堂の設計に携わったのはかなり若い頃であったと推測される[1]

ブスケット唯一の作品であるピサ大聖堂の設計及び現場指揮に、彼は1064年の着工から建設途中の1110年まで携わった。大聖堂自体は1118年に不完全ながら奉納された。

ブスケットの作風の特徴として、ロマネスク様式を色濃く反映させていることが大聖堂を通して窺える。彼が設計したピサ大聖堂には、初期キリスト教美術ビザンティン建築ロンバルディア帯イスラーム建築などの技法が取り込まれている[2]

ブスケットという名前(もしくはニックネーム)はギリシア語に由来するとされるが、東ローマ帝国アルメニア語に起源をもつとも考えられている[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ * Sergio Costanzo, Recinti sacri, 2008
  2. ^ "Le Muse", De Agostini, Novara, 1964, Vol.II, p. 496
  3. ^ Vasari lo dice "greco":N. Pevsner, J. Fleming, H. Honour, Dizionario di architettura, Torino, Einaudi, 1981, voce Buscheto.

関連項目[編集]