フロンティニャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Frontignan
Blason ville fr Frontignan (Hérault).svg
Frontignan Mairie.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) エロー県
(arrondissement) モンペリエ郡
小郡 (canton) フロンティニャン小郡
INSEEコード 34108
郵便番号 34110
市長任期 ピエール・ブルドワール (PS)
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Bassin de Thau
人口動態
人口 23068人
(01/01/07)
人口密度 人/km2
住民の呼称 Frontignanais
地理
座標 北緯43度26分54秒 東経3度45分22秒 / 北緯43.4483333333度 東経3.75611111111度 / 43.4483333333; 3.75611111111座標: 北緯43度26分54秒 東経3度45分22秒 / 北緯43.4483333333度 東経3.75611111111度 / 43.4483333333; 3.75611111111
標高 平均:2 m
最低:0 m
最高:223 m
面積 31.72km2 (3172ha)
Frontignanの位置(フランス内)
Frontignan
Frontignan
テンプレートを表示

フロンティニャン(Frontignan)は、フランス南部オクシタニー地域圏エロー県コミューンである。

地理[編集]

エロー県の地中海沿岸に位置し、県庁所在地モンペリエセットのほぼ中間に位置している。

歴史[編集]

11世紀、最初の建物である教会と塔が建てられた。このときはマゲローヌ司教座に属していた。1204年、マリー・ド・モンペリエがアラゴン王およびバルセロナ伯であるペドロ2世と結婚したことから、フロンティニャンは以後バルセロナ家領となった。1349年にフロンティニャンはフランス王国へ復帰し、1362年、城塞都市として建設された。

見どころ[編集]

  • 旧市役所(14世紀の建物)
  • サン=ポール教会(12世紀)

産業と経済[編集]

20世紀初頭までは、地中海の海水を利用した製塩業と、ワインの生産が中心であった。その後石油化学工業が発達した。

マスカットを使用したAOCワイン・ミュスカ・ド・フロンティニャンフランス語版が生産されている。この名称は、使用しているマスカットの名称でもあるが、一般にはミュスカ・ブラン・ア・プティ・グランフランス語版と呼ばれる。

姉妹都市[編集]