フランツ・ベンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ベンデル
Franz Bendel
基本情報
出生 1833年3月23日
Flag of the Habsburg Monarchy.svgオーストリア帝国カラースナー・リーパ英語版
死没 1874年7月3日(満41歳没)
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト作曲家

フランツ・ベンデルFranz Bendel 1833年3月23日 - 1874年7月3日)は、ドイツピアニスト作曲家ボヘミア系。

生涯[編集]

ベンデルはオーストリア帝国ボヘミアカラースナー・リーパ英語版に生まれた。教師をしていた父の指導を受けた後、ヨゼフ・プロクシュの下で研鑽を積む。ヴァイマルでは5年間フランツ・リストの薫陶を受けている。ヴァイマルではヴェンデリン・ヴァイスハイマー英語版にも会っている。1848年に、ベンデルはオットー・フォン・ヴェストファール伯爵(Otto von Westphal)の家庭教師、並びに音楽教師となり、14年間にわたってこれを務めた。1855年には、師であるプロクシュがベンデルのミサ曲を演奏している。テオドール・クラクの音楽学校、新音楽アカデミー(Neue Akademie der Tonkunst)で教鞭を執った。1863年にはプラハに演奏旅行を行い、これは誌上で称賛を受けた。

作曲家としてのベンデルは、4つのミサ曲、交響曲、1曲のピアノ協奏曲などの大規模楽曲と共に、多くのサロン風のピアノ小品、歌曲など、400曲を超える楽曲を作曲した。優れたピアニストであったベンデルは、アメリカボストンを演奏旅行していたが、その途中に腸チフスにより命を落とした。41歳であった。

外部リンク[編集]

作品[編集]

  • Polkas de Salon pour le Piano, op.58. No.1 Polka gracieuse No.2 Polka de la Jeunesse heureuse (B. Schott's Söhnen, Mainz, Sweet Remembrance (In the Gondola),

参考文献[編集]