フランソワーズ・ドルレアン (1902-1953)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランソワーズ
Françoise
オルレアン家
Françoise Orleans.jpg
1922年
全名 Françoise Isabelle Louise Marie d'Orléans
フランソワーズ・イザベル・ルイーズ・マリー
出生 (1902-12-25) 1902年12月25日
フランスの旗 フランス共和国パリ
死去 (1953-02-25) 1953年2月25日(50歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
配偶者 クリストフォロス・ティス・エラザス
子女 ミハイル
父親 ギーズ公ジャン・ドルレアン
母親 イザベル・ドルレアン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フランソワーズ・ドルレアンフランス語: Françoise d'Orléans, 1902年12月25日 - 1953年2月25日)は、フランスのオルレアン家の王族。フランス王ルイ・フィリップの玄孫にあたる。ギリシャ王子クリストフォロスの妻となった。

生涯[編集]

フランソワーズはオルレアニストのフランス王位請求者であるギーズ公ジャンとその妻イザベル・ドルレアンの第2子、次女としてパリに生まれた。両親は同族の従兄妹同士だった。

1929年2月11日パレルモで、ギリシャ王ゲオルギオス1世の末息子であるクリストフォロス王子と結婚した(クリストフォロスは再婚)。フランソワーズはカトリック信徒、クリストフォロスは正教徒だった。当時、カトリック信徒の王族がカトリック信徒でない者と結婚することは非常に稀なことだった。夫妻は1939年に一人息子ミハイルをもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]