フランソワ・ヴィリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
François Villiers
フランソワ・ヴィリエ
本名 フランソワ・サロモン
(Francois Salomons)
生年月日 (1920-03-02) 1920年3月2日
没年月日 (2009-01-29) 2009年1月29日(88歳没)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
死没地 フランスの旗 フランス オー=ド=セーヌ県ブーローニュ=ビヤンクール
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1945年 - 1989年
活動内容 1945年 助監督
1948年 監督に昇進
1966年 テレビ映画に専念
著名な家族 アリュナ・ヴィリエ
ジャン=ピエール・オーモン
ティナ・オーモン
テンプレートを表示

フランソワ・ヴィリエFrançois Villiers, 1920年3月2日 - 2009年1月29日)は、フランス映画監督脚本家である。レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章の受章者である。

人物・来歴[編集]

1920年3月2日フランスの首都パリに生まれる。兄は俳優のジャン=ピエール・オーモンである。

助監督となり、第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)7月18日に公開された、シルヴィア・バタイユ主演、ピエール・カロン監督の『彼らは五人の休暇軍人だった』等に参加する。1948年(昭和23年)、監督に昇進し、『マルセイユの一夜』でデビューする。

10年のブランクを経て1958年(昭和33年)に2作目を監督し、3作目の『河は呼んでいる』が同年の第11回カンヌ国際映画祭でパルムドールにノミネートされたが、受賞は逸した。同作は、翌1959年(昭和34年)のゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞した。同年の1月、映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』の1月号で、のちにヌーヴェルヴァーグの旗手とされた当時批評家のジャン=リュック・ゴダールが発表した「1958年のベストテン」で、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『白夜』を第9位に抑えて、同作を第8位に挙げた[1]

1966年(昭和41年)からはテレビ映画に専念、多くのテレビシリーズを監督した。

1989年(平成元年)、23年ぶりに監督した映画『マニカの不思議な旅』が、第42回カンヌ国際映画祭で観客賞を獲得した。

2009年1月29日、パリ郊外、オー=ド=セーヌ県ブーローニュ=ビヤンクールで死去した。満88歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ Les Cahier du Cinema, Numero 91, Janvier 1959, 1959年1月号。

外部リンク[編集]