フランク・ウェストン・ベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランク・ウェストン・ベンソン

フランク・ウェストン・ベンソン(Frank Weston Benson、通常 Frank W. Bensonで呼ばれる、1862年3月24日 - 1951年11月15日)はアメリカ合衆国の画家である。アメリカ合衆国における印象派の画家の一人とされる。

略歴[編集]

マサチューセッツ州セイラムで生まれた。父親は裕福な綿を扱う商人であった[1]。弟に画家となったジョン・プレンティス・ベンソン(John Prentiss Benson:1865–1947)がいる。

1880年からボストン美術館の付属美術学校(School of the Museum of Fine Arts)で美術を学び始め、後に美術家のグループ「テン・アメリカン・ペインターズ(通称:The Ten)」にともに参加することになるロバート・ルイス・リード(1862-1929)やエドモンド・チャールズ・ターベル(1862-1938)といった学生と親しくなった[2]。ジョセフ・リンドン・スミス(Joseph Lindon Smith:1863–1950)とも知り合った。1883年にターベル、スミスとパリに留学し、アカデミー・ジュリアンジュール・ジョゼフ・ルフェーブルギュスターヴ・ブーランジェに学んだ[3]。パリではフランスの印象派の画家の影響を受けるとともに、17世紀オランダのフェルメールの作品にも影響を受けた。

1886年からメイン州ポートランドで美術教師を始め、1889年にボストンの母校で教え始め、翌年絵画部門のリーダーとなった。

1897年に、ジョン・ヘンリー・トワックトマンジュリアン・オールデン・ウィアーフレデリック・チャイルド・ハッサムらと設立した美術家グループ「テン・アメリカン・ペインターズ」に参加した。

アメリカ議会図書館のフレスコ画も描いた。

印象派の画風の人物画を多く描き、代表作に「Eleanor」などがある。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bedford, Faith Andrews (2000). The Sporting Art of Frank W. Benson. Jaffrey, NH: David R. Godine. ISBN 1-56792-111-6.
  2. ^ Dearinger, David Bernard (2004). Paintings and Sculpture in the Collection of the National Academy of Design. Manchester, VT: Hudson Hills Press. ISBN 1-55595-029-9
  3. ^ rankwbenson. Biography

参考文献[編集]

  • Peter H. Feist e.a.: Het Impressionisme (samenstelling Ingo F. Walther), Taschen, München, 2010. ISBN 9783836522908