ロバート・ルイス・リード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ルイス・リード

ロバート・ルイス・リード(Robert Lewis Reid、1862年7月29日 - 1929年12月2日)はアメリカ合衆国の画家である。女性の人物画を多く描いた。

略歴[編集]

マサチューセッツ州バークシャー郡のストックブリッジ(Stockbridge)に生まれた。1884年からボストンのボストン美術館の付属美術学校(School of the Museum of Fine Arts)でグリュンドマン(Emil Otto Grundmann)に学んだ。この学校では後に美術家のグループ「The Ten」をともに設立することになるエドモンド・チャールズ・ターベル(1862-1938)やフランク・ウェストン・ベンソン(1862-1951)と知り合った。1884年からニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで学んだ後、1885年にパリに渡り、アカデミー・ジュリアンに入学しジュール・ジョゼフ・ルフェーブルギュスターヴ・ブーランジェに学んだ。フランスでは印象派の画家たちが集まったベルギーのエタプルの近郊の農民の姿を題材にした。

1889年に帰国し、アート・スチューデンツ・リーグやニューヨークの学校、クーパー・ユニオンで教えた。1897年に印象派に近い10人の美術家グループ「Ten American Painters」(または「The Ten」)に参加した。1906年にナショナル・アカデミー・オブ・デザインの正会員に選ばれた。1904年から壁画制作を行った。

淡い色彩で描かれた女性像を多く描いた。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Reid, Robert. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 28: Ramsden–Rosa. E. A. Seemann, Leipzig 1934, S. 109.
  • Helene Barbara Weinberg: Robert Reid. Academic „impressionist“. In: Archives of American Art Journal 15, 1975, 1, S. 2–11.
  • Cynthia Seibels: Reid, Robert Lewis. In: American National Biography Bd. 18, New York 1999, S. 311–312.
  • Denise Mahoney: Reid, Robert. In: Allgemeines Künstlerlexikon. Die Bildenden Künstler aller Zeiten und Völker (AKL). Band 98, de Gruyter, Berlin 2018, ISBN 978-3-11-023263-9, S. 148 f.