ジュリアン・オールデン・ウィアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オールデン・ウィアー

ジュリアン・オールデン・ウィアー(Julian Alden Weir、1852年8月30日 - 1919年12月8日)はアメリカ合衆国印象派の画家である。

略歴[編集]

ニューヨークに生まれた。父親のロバート・ウォルター・ウィアー(Robert Walter Weir:1803-1889)は画家で、士官学校の教授であった。兄のジョン・ファーガソン・ウィアー(1841–1926)も画家で、イェール大学の美術学校で1869年から40年ほど教えた人物である。父親から美術教育を受けた後、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインで絵画を学んだ。

1873年あらヨーロッパに留学し、パリジャン=レオン・ジェロームに学び、1875年にサロン・ド・パリに、友人となったジュール・バスティアン=ルパージュの影響を受けた室内画を出展するが落選した。

1877年にアメリカ合衆国に帰国し、ニューヨークに居を構えたが、その後もしばしばヨーロッパを訪れた。この年、米国芸術家協会(Society of American Artists)の創立メンバーとなり、1882年には会長になった。1878年から他の画家を教え始めた。最初はニューヨークの私立大学、クーパー・ユニオンで教え、後にアート・スチューデンツ・リーグで教えた。

おもに肖像画や風俗画を描き、花を描いた静物画も人気が高い。1883年からニューヨークの住居とコネチカットの農場を行き来する生活を始めた。エドゥアール・マネの作品や、1886年にニューヨークで開かれた印象派展の作品に影響を受けて、印象派のスタイルの風景画を描くようになった。1887年からは版画、ドライ・ポイント・エッチングの技法にも取り組むようになった。

1888年に作品がメトロポリタン美術館に買い上げられ、1889年のパリ万国博覧会の展覧会に出展し入選した。その後、自らのスタイルを模索し、この時期の代表作は「赤い橋」(The Red Bridge)である。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Der amerikanische Impressionismus. Smithsonian Institution Traveling Exhibition Service, Washington D. C. 1982 (Katalog der gleichnamigen Ausstellung der Staatlichen Museen in Berlin).
  • William H. Gerdts: Amerikanischer Impressionismus. Meisterwerke aus öffentlichen und privaten Sammlungen der Vereinigten Staaten von Amerika. Eidolon, Einsiedeln 1990 (Katalog der gleichnamigen Ausstellung, 22. Juli bis 28. Oktober 1990, Villa Favorita, Stiftung Thyssen-Bornemisza, Lugano-Castagnola).
  • Stephan Koja (Hrsg.): America – Die neue Welt in Bildern des 19. Jahrhunderts. Prestel Verlag, München 1999; Seite 195. ISBN 3-7913-2051-3.
  • Doreen Bolger Burke: J. Alden Weir. An American Impressionist. University Press, Delaware 1983, ISBN 0-87413-220-7.