ジョン・ヘンリー・トワックトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ヘンリー・トワックトマン
John Henry Twachtman
John Henry Twachtman.jpg
生誕 1853年8月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国シンシナティ
死没 1902年8月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国グロスター
運動・動向 印象派

ジョン・ヘンリー・トワックトマン(John Henry Twachtman、1853年8月4日 - 1902年8月8日)はアメリカ合衆国の画家である。印象派に影響を受けた風景画を描いた。

略歴[編集]

オハイオ州シンシナティに生まれた。シンシナティの美術教師、フランク・ドゥフェネク(1848-1919)の弟子の一人となった。1875年から1877年の間、師のドゥフェネクとドイツに渡り、ミュンヘン美術院に入学した。その後ドゥフェネク、ウィリアム・メリット・チェイスヴェネツィアに滞在した。

1878年にアメリカに帰国し、ニューヨークやシンシナティの海岸の風景などを描いた。1880年に、今度はフィレンチェに滞在しているドゥフェネクの元へ旅した。しばらくイギリス、オランダを旅し、アメリカの画家、ジュリアン・オールデン・ウィアーやオランダの画家アントン・モーヴと知り合い、彼らの影響を受けた。1883年から1885年の間はパリの私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンで学んだ。1885年にオランダにしばらく滞在した後、1886年に最終的にアメリカに帰国し、友人となったウィアーやデンマーク出身の版画家、カールセン(Emil Carlsen)と、共に仕事をした。1889年からコネチカット州グリニッジのコスコブ(Cos Cob)に住むようになり、トワックトマンの友人の画家たちが、そこを訪れるようになり、サマー・スクールをコスコブで開いたことによって「コスコブ芸術コロニー」(Cos Cob Art Colony)と呼ばれる画家グループが形成された。

1897年にフレデリック・チャイルド・ハッサム、ウィアーとともに新しい美術家集団「テン・アメリカン・ペインターズ」の結成を推進し、「テン・アメリカン・ペインターズ」の展覧会は好評であったが、1902年に急死した。49歳であった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Peter H. Feist e.a.: Het Impressionisme (samenstelling Ingo F. Walther), Taschen, München, 2010. ISBN 9783836522908
  • Peters, Lisa N. "John Twachtman (1853-1902): A 'Painter's Painter,'" Spanierman Gallery, 2006 ISBN 0-945936-77-X