フラゾリドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フラゾリドン
Furazolidone.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 Oral-Local
識別
CAS番号
67-45-8
ATCコード G01AX06 (WHO)
PubChem CID: 5323714
DrugBank DB00614
KEGG C07999  チェック
化学的データ
化学式 C8H7N3O5
分子量 225.158 g/mol

フラゾリドン(: furazolidone)とは抗菌薬の一つ。Roberts LaboratoriesよりFuroxoneグラクソ・スミスクラインよりDependal-Mの商品名で市販されている。

利用[編集]

フラゾリドンは細菌原虫感染による下痢腸炎の治療に使用される。

フラゾリドンは養殖業で使用される[1]

原虫[編集]

フラゾリドンはジアルジア症ランブル鞭毛虫を原因とする)にも使用されるが、第一選択薬ではない。[2]

細菌[編集]

フラゾリドンは旅行者下痢コレラサルモネラ症の治療にも使用される。

獣医薬としては、フラゾリドンはサケ科魚類のMyxobolus cerebralisによる感染症に対して効果がある。

ヘリコバクター・ピロリによる感染症の治療での使用が提案されている[3]

作用機序[編集]

フラゾリドンの作用はDNAの架橋形成によるものであると考えられている[4]

規制[編集]

フラゾリドンはアメリカ合衆国では現在使用されていない。

出典[編集]

  1. ^ Meng J, Mangat SS, Grudzinski IP, Law FC (1998). “Evidence of 14C-furazolidone metabolite binding to the hepatic DNA of trout”. Drug Metabol Drug Interact 14 (4): 209–19. PMID 10694929. 
  2. ^ Petri WA (February 2005). “Treatment of Giardiasis”. Curr Treat Options Gastroenterol 8 (1): 13–17. PMID 15625030. http://www.treatment-options.com/1092-8472/8/13. 
  3. ^ Machado RS, Silva MR, Viriato A (2008). “Furazolidone, tetracycline and omeprazole: a low-cost alternative for Helicobacter pylori eradication in children”. Jornal de pediatria 84 (2): 160–5. doi:doi:10.2223/JPED.1772. PMID 18372934. http://dx.doi.org/doi:10.2223/JPED.1772. 
  4. ^ DrugBank: Showing Furazolidone (DB00614)”. 2008年12月19日閲覧。