フョードル・オツェプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Fedor Ozep / Fyodor Otsep
フョードル・オツェプ
本名 フョードル・アレクサンドロヴィチ・オツィエプ
Фёдор Александрович Оцеп
別名 フェドル・オゼープ
(Fedor Ozep)
生年月日 1895年2月9日
没年月日 1949年6月20日(満54歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ロシアの旗 ロシア
モスクワ
死没地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州オタワ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
(二説あり)
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦亡命
職業 映画監督脚本家
活動期間 1916年 - 1947年
活動内容 1916年 脚本家デビュー
1927年 監督デビュー
1931年 ドイツ、フランスに移住
1942年 アメリカ、カナダに亡命
配偶者 アンナ・ステン 1927年 - 1931年
家族 ユーリー・ライズマン

フョードル・アレクサンドロヴィチ・オツェプロシア語 Фёдор Александрович Оцеп, 1895年2月9日 - 1949年6月20日)は、ソビエト連邦映画監督脚本家である。革命前のロシア帝国でキャリアを始め、ソ連時代に監督となり、ヴァイマル共和国/ドイツ帝国フランスアメリカ合衆国カナダへと移住し、映画をつくりつづけた。フランス時代以降は、フェドル・オゼープFedor Ozep)と綴られた。

人物・来歴[編集]

1895年(明治28年)2月9日、ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワに生まれる。

アエリータ』1924年当時のポスター。

帝政時代のロシアで、ヤーコフ・プロタザノフ監督の助手として出発している。プロタザノフのもとで名作『スペードの女王』(1916年)、ロシア革命後のソビエト連邦時代に同監督の『アエリータ』(1924年)を手がけ、脚本を書いた。

1926年(大正15年)に、ボリス・バルネットとの共同監督作品『ミス・メンド』で、映画監督としてデビューした。ゴーリキー名称映画撮影所での同僚フセヴォロド・プドフキンから影響を受けた。1929年(昭和4年)、レフ・トルストイの小説『生ける屍』に基づく同題の脚本を、ヴァイマル共和国(現在のドイツ)で執筆、オツェプが監督し、ソビエト・ヴァイマル合作で完成した。その後二度とソビエト連邦に戻らなかった。

1931年(昭和6年)、ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』を映画化、エリッヒ・エンゲルスと共同で監督した。同年、フランスに移住した。1934年(昭和9年)フランスで製作された監督作『アモク』が、第2回ヴェネツィア国際映画祭で、現在の金獅子賞にあたるムッソリーニ杯にノミネートされ、コンペティション上映されたが、賞は逃した。

1942年(昭和17年)、第二次世界大戦の勃発に伴い、アメリカ合衆国に移り、同地でヘンリー・S・ケスラーとの共同監督作『三人のロシア娘』を発表、さらにカナダに亡命した。同国のケベック州でフランス語、英語の映画をそれぞれ監督した。

1949年(昭和24年)6月20日、カナダの首都、オンタリオ州オタワ[1]、あるいは米国カリフォルニア州ロサンゼルス[2][3]ロサンゼルス郡ビバリーヒルズ[4])のいずれかで死去したとされる。満54歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

いずれも監督作

[編集]

  1. ^ de:Fjodor Alexandrowitsch Ozep
  2. ^ #外部リンク欄、Internet Movie Databaseの本項リンク先の記述を参照。二重リンクを省く。
  3. ^ fr:Fedor Ozep
  4. ^ Оцеп, Фёдор Александрович - ru.wikipedia

外部リンク[編集]