フセヴォロド・プドフキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フセヴォロド・プドフキン
Всеволод Илларионович Пудовкин
Всеволод Илларионович Пудовкин
生年月日 (1893-02-16) 1893年2月16日
没年月日 (1953-06-20) 1953年6月20日(満60歳没)
出生地 ロシアの旗 ロシア ペンザ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ラトビア・ソビエト社会主義共和国 リガ
職業 映画監督俳優
ジャンル 映画

フセヴォロド・イラリオーノヴィチ・プドフキンロシア語: Всеволод Илларионович Пудовкин, 英語: Vsevolod Illarianovich Pudovkin1893年2月16日 - 1953年6月20日)は、ロシア映画監督俳優である。セルゲイ・エイゼンシュテインアレクサンドル・ドヴジェンコと並び、創成期のソ連映画界で活躍した巨匠である。主に無声映画時代において代表作を発表している。

経歴[編集]

ロシア・ボルガ地方ペンザ生まれ。4歳の頃にモスクワに移り、モスクワ大学では物理の勉強をする。卒業後は化学者として工場に就職するが、D・W・グリフィスの『イントレランス』を見て感激し[要出典]1919年に国立映画専門学校に第1期生として就学し、映画監督のレフ・クレショフの下につく。

1925年、俳優や助監督を経て、短編喜劇『チェス狂』で監督デビュー。1926年にはゴーリキー原作の『母』を発表、卓越したモンタージュ手法で描いた本作によって一躍世界にその名を知らしめた。1929年には、俳優としてフョードル・オツェプ監督の『生ける屍』に主演もしている。

セルゲイ・エイゼンシュテインが、キャストにあえて素人を起用したのとは対照的に、プドフキンは演技性を重視し、プロの俳優を配役し続けた。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 飢え、飢え、飢え Голод… голод… голод… (1921年) - 監督
  • チェス狂 Шахматная горячка (1925年) - 監督
  • Механика головного мозга (1926年) - 監督
  • Мать (1926年) - 監督
  • 聖ペテルブルグの最後 Конец Санкт-Петербурга (1927年) - 監督
  • アジアの嵐 Потомок Чингис-Хана (1928年) - 監督
  • 生ける屍 Живой труп (1929年) - 出演
  • Простой случай (1932年) - 監督
  • Дезертир (1933年) - 監督
  • Победа (1938年) - 監督
  • ミーニンとポジャルスキー Минин и Пожарский (1938年) - 監督
  • Кино за XX лет (1940年) - 監督
  • Боевой киносборник № 6 (1941年) - 監督
  • Суворов (1941年) - 監督
  • Убийцы выходят на дорогу (1942年) - 監督
  • 祖国の名において Во имя Родины (1943年) - 監督・脚本
  • Адмирал Нахимов (1946年) - 監督
  • 三つの邂逅 Три встречи (1948年) - 監督
  • Жуковский (1950年) - 監督
  • Возвращение Василия Бортникова (1952年) - 監督

著書[編集]

  • Film Technique
  • Film Acting

脚注[編集]

外部リンク[編集]