ヤーコフ・プロタザノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤーコフ・プロタザノフ
Яков Протазанов
本名 ヤーコフ・アレクサンドロヴィチ・プロタザノフ
Яков Александрович Протазанов
生年月日 (1881-01-23) 1881年1月23日
没年月日 (1945-08-08) 1945年8月8日(64歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国(現ロシアの旗 ロシア
モスクワ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦(現ロシアの旗 ロシア
モスクワ
国籍 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
職業 映画監督脚本家俳優映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1909年 - 1943年
活動内容 1909年 映画を監督する
1920年 渡仏
1923年 ソ連に戻る
主な作品
スペードの女王
ペェター・セルギー
テンプレートを表示

ヤーコフ・アレクサンドロヴィチ・プロタザノフロシア語: Яков Александрович Протазанов, 1881年1月23日 - 1945年8月8日)は、ロシア帝国ソビエト連邦(いずれも現ロシア)の映画監督脚本家俳優、ソビエト連邦の映画プロデューサーである。

人物・来歴[編集]

1881年(明治14年)1月23日、ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワに生まれる。

1900年(明治33年)、商業学校を卒業し、商店で働き始める。資金を貯めて、1904年(明治37年) - 1906年(明治39年)に渡仏した。帰国すると、モスクワの映画配給・製作会社「グロリア」に助手として勤めた。

1910年(明治33年)、パウリ・ティマンと契約する。ティマンは、ウラジミール・ガルディン監督とともにサイレント映画を製作する人物である。ティマンの会社はすでに実績のある会社であったが、1914年(大正3年)には、戦争のために崩壊してしまい、プロタザノフは、ヨシフ・エルモリエフに雇われた。エルモリエフの会社で、『スペードの女王』(1916年)、『ペェター・セルギー』(1917年)を監督し、プロタザノフの代表作となった。1917年(大正8年)、十月革命を逃れてクリミヤ半島ヤルタへと移住するが、その後、映画産業は国営化され、多くがフランスへと移っていった。

1920年(大正9年)から、フランスのパテゴーモンで働き、ヴァイマル共和国(現在のドイツ)でも仕事をした。1923年(大正12年)、すでにソビエト連邦となっていた祖国に帰る決意をした。祖国では、『アエリータ』(1924年)、『三百万裁判』(1926年)などを撮った。1937年(昭和12年)、『持参金のない娘』がフランスでパリの金メダルを受賞した。

1943年(昭和18年)に引退した。1945年(昭和20年)8月8日、ソビエト連邦(現在のロシア)の首都モスクワで死去した。満64歳没。イワン・モジューヒンイゴール・イリンスキーミハイル・ジャロフら、スター俳優を発掘した。

おもなフィルモグラフィ[編集]

en:Yakov Protazanov filmographyを参照。

すべて監督作

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]