フクロネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フクロネコ
SpottedQuoll 2005 SeanMcClean.jpg
Tiger Quoll (Dasyurus maculatus)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: フクロネコ目 Dasyuromorphia
: フクロネコ科 Dasyuridae
: フクロネコ属 Dasyurus
É. Geoffroy, 1796
英名
Quoll, Native Cat
  • フクロネコ属 Dasyurus
    • Dasyurus albopunctatus
    • Dasyurus geoffroii
    • Dasyurus hallucatus
    • Dasyurus maculatus
    • Dasyurus spartacus
    • Dasyurus viverrinus

フクロネコ(袋猫、Quoll)は、フクロネコ目有袋類フクロネコ科フクロネコ属に属する動物の総称である。クウォールともいう。

分布[編集]

オーストラリア及びニューギニア島

分類[編集]

  • Dasyurus albopunctatus New Guinean Quoll ニューギニア島
  • オグロフクロネコ: Dasyurus geoffroii Western Quoll or Chuditch 西オーストラリア州
  • Dasyurus hallucatus Northern Quoll オーストラリア北部(クイーンズランド州、ノーザンテリトリー、西オートラリア州)
  • オオフクロネコ: Dasyurus maculatus Tiger Quoll or Spotted Quoll オーストラリア東部(クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州)
  • Dasyurus spartacus Bronze Quoll ニューギニア島
  • Dasyurus viverrinus Eastern Quoll タスマニア島(かつては大陸にも分布していたが、1963年以降、大陸での確認はない)

形態[編集]

成体の頭胴長は120mmから750mmで毛を含めた尾長は200mmから550mm、体重は300gから7,000gで、種によって差が大きい。最大種はTiger Quollで、最小種はNorthern Quollである。

体が茶褐色から黒褐色の毛で覆われ、体には白色の斑点がある。

生態[編集]

夜行性の小型肉食獣で、餌は主に昆虫爬虫類鳥類ネズミ類、他の小型有袋類を捕食するほか、果実も食べる。

フクロネコ類は多産であり、特にEastern Quollのメスは30頭もの子を産むが乳首が6個しかなく(種によっては8個)、したがって育てられる子の数は乳首の数に限られてしまう。生まれた子供の大きさは米粒ほどでしかないが、10週間もたてば20gほどの大きさに育つ。

寿命は1年から7年。Northern Quollのオスは1年程度の寿命である。

オーストラリア国内ではかつては広く分布していたが、西洋人の入植後に持ち込まれたキツネや飼い犬、飼い猫、オオヒキガエルウイルスなどにより数を減らした。

参考文献[編集]

Cath Jones & Steve Parish、Field Guide to Australian Mammals、Steve Panish Publishing、2004