フォール・ニャシンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォール・エソジムナ・ニャシンベ・エヤデマ
Faure Essozimna Gnassingbé Eyadéma
Faure Gnassingbé 29112006.jpg

任期 2005年5月4日

任期 2005年2月5日2005年2月25日

出生 (1966-06-06) 1966年6月6日(51歳)

フォール・エソジムナ・ニャシンベ・エヤデマFaure Essozimna Gnassingbé Eyadéma, 1966年6月6日 - )は、トーゴ政治家大統領。名のフォールフォレとされることもある。ニャシンベ・エヤデマ元大統領の息子で、トーゴ共和国史上初めて、権力世襲により国家元首となった。

中央州ソコデ市出身。フランスパリに留学経験があり、またジョージ・ワシントン大学MBAを取得するなど、テクノクラートとして国内では評判であった。ソコデ市の選挙区から選出された国会議員として、また父のニャシンベ・エヤデマ大統領の息子として、政界に太いパイプを持ち、2003年7月29日には設備・鉱業・電気通信相として入閣を果たす。

2005年2月5日、父が心臓発作で死去すると、トーゴ軍が共和国憲法の規定に反しフォール・ニャシンベの大統領就任を宣言。同憲法では大統領死去の際、国会議長が大統領職を代行し、60日以内に大統領選を行うと定められている。当初、フォール・ニャシンベ大統領はニャシンベ・エヤデマが務めるはずだった2008年までの任期を全うすると見られていたが、アフリカ連合や国際社会から「憲法違反で認められない」と非難され、同年2月25日に辞任。議会のボンフォー・アッバス副議長が暫定大統領に就任した。

2005年4月24日の大統領選で与党「トーゴ人民連合」の候補として出馬し当選。5月4日に再び大統領に就任した。

関連項目[編集]

公職
先代:
ボンフォー・アッバス
(暫定)
トーゴの旗 トーゴ共和国大統領
第5代:2005 -
次代:
(現職)
先代:
ニャシンベ・エヤデマ
トーゴの旗 トーゴ共和国大統領
第4代:2005
次代:
ボンフォー・アッバス
(暫定)