フォークランド子爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォークランド子爵ケアリー家の紋章

フォークランド子爵英語: Viscount of Falkland)は、スコットランド貴族子爵位。

1620年ヘンリー・ケアリー英語版が叙されたのに始まる。

歴史[編集]

第2代フォークランド子爵ルーシャス・ケアリー

1620年11月10日庶民院議員ヘンリー・ケアリー英語版が「ケアリー卿(Lord Cary)」とともに 叙されたのに始まるスコットランド貴族爵位である[1][2]。彼はイングランドの人間であり、スコットランドには何の縁も無かった。

彼の息子、2代子爵ルーシャス(1610–1643)清教徒革命時の庶民院議員で穏健派(穏健進歩派のち穏健王党派)のリーダー的存在だった[3]

その息子にあたる、4代子爵ヘンリー英語版(1634–1663)は兄を継承して子爵となり、オックスフォードシャーの庶民院議員や知事英語版を務めた[1][4]。彼の息子、5代子爵アンソニー英語版(1656–1694)庶民院のいくつかの選挙区から当選してトーリー党の議員となり、1693年から翌1694年にかけて海軍大臣英語版を務めた[5]

5代子爵アンソニーが男子を持たなかったため、爵位ははとこである6代子爵ルーシャス(1687–1730)に引き継がれた。彼は初代子爵の第5子パトリック・ケアリー英語版(c.1623–1657)の孫である[1]。6代子爵ルーシャスは、流浪の身であったステュアート王家(ジャコバイト王位継承者)のジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートによって、1722年12月13日にフォークランド伯爵に叙せられ、ジャコバイト爵位英語版を手に入れた[6]。また彼は、ローマ・カトリックを容認していた。

彼の玄孫の10代子爵ルーシャス・ベンティンク・ケアリー英語版(1803–1884)は、植民地行政官を務めた自由党の政治家であった。1832年に彼は連合王国貴族の「ヨーク州におけるスクータースケルフィのハンスドン男爵(Baron Hunsdon, of Scutterskelfe in the County of York)」に叙された。これによって彼は自動的に貴族院に議席を持ったが、子供を残せなかったため、彼の死とともにこの爵位は廃絶した[1][7]

一方2つのスコットランド貴族爵位は彼の弟の11代子爵プランタジネット英語版(1806–1886)に引き継がれた。彼は海軍軍人であり、提督(海軍大将、Admiral)まで昇進している[1][8]

彼の甥、バイロン(1845–1922)が12代子爵となった。彼は陸軍軍人としてキャリアを積んだ後、スコットランドの貴族代表議員1894年から1922年まで務めた[1][9]。その後、息子のルーシャス(1880–1961)が爵位を引き継いで13代子爵となり、貴族代表議員を1922年から1931年まで務めた[1][10]1961年に爵位はその息子ルーシャス・ヘンリー(1905–1984)に引き継がれ、1984年にその息子ルーシャス英語版 (1935-)に引き継がれた。この15代子爵ルーシャスは1999年貴族院法 (1999年)英語版で認められた90人の世襲貴族の一人である[1][11]。フォークランド子爵は、自由民主党側の席に座っている[1]

名跡[編集]

フォークランド子爵の名は、スコットランド王家の宮殿で、ファイフフォークランドにあるフォークランド宮殿にちなむ。しかし2つのスコットランド貴族の称号を保有しながらも、先述の通り、ケアリー家はイングランド出身である。

ウェストミンスター宮殿の聖ステファンホールにはフォークランド子爵の像が建っている。1909年4月27日、マージャリー・ヒュームという名の女性参政権活動家が自らを彼の像に縛り付け、「不言実行」と叫んだ。鎖が取り外された時、子爵の右の靴の先端が壊れてしまい、今日でもこれを見る事が出来る。彼の像は剣の部分も壊れているが、この運動によって壊れたと言うのはよくある誤解であり、実際に壊れたのは聖ステファンホールに設置されてすぐの事であった。

また、フォークランド諸島の名は17世紀末に5代フォークランド子爵アンソニー・ケアリー英語版海軍主計長官英語版だったため、彼の爵位名から付けられた物である[12]

現当主の保有爵位[編集]

現在の当主第15代フォークランド子爵ルーシャス・ケアリー英語版は以下の爵位を保有している[11][1]

  • 第15代フォークランド子爵 (15th Viscount of Falkland)
(1620年11月10日勅許状英語版によるスコットランド貴族爵位)
  • 第15代ケアリー卿 (15th Lord Cary)
(1620年11月10日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)

フォークランド子爵 (1620年)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Falkland, Viscount of (S, 1620)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月26日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cary, 1st Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 246.
  4. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cary, 4th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Anthony Cary, 5th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Henry Cary, 6th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Bentinck Cary, 10th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Admiral Plantagenet Pierrepont Cary, 11th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Lt.-Col. Byron Plantagenet Cary, 12th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Plantagenet Cary, 13th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  11. ^ a b Lundy, Darryl. “Lucius Edward William Plantagenet Cary, 15th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  12. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 247.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]