フォークランド (スコットランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォークランド
Falkland, Fife.JPG
2012年8月9日のフォークランド
フォークランドの位置(ファイフ内)
フォークランド
フォークランド
ファイフにおけるフォークランドの位置
人口 1,160人 [1]
英式座標
NO253077
カウンシル
エリア
レフテナンシー・エリア
構成国 スコットランドの旗 スコットランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 クーパー
郵便番号 KY
市外局番 01337
警察 スコットランド
消防 スコットランド
救急医療 スコットランド
欧州議会 スコットランド
英国議会
  • ノース・イースト・ファイフ
スコットランド議会
  • ノース・イースト・ファイフ
場所一覧
イギリス
スコットランド
北緯56度15分 西経3度12分 / 北緯56.25度 西経3.2度 / 56.25; -3.2座標: 北緯56度15分 西経3度12分 / 北緯56.25度 西経3.2度 / 56.25; -3.2

フォークランド(Falkland、スコットランド・ゲール語: Fàclann[2])は、スコットランドファイフローモンド・ヒルズ英語版の麓に位置する村、小教区。かつては、勅許自治都市であった。

語源[編集]

フォークランドの名称は、フォークランド宮殿の貴族が一般的にたしなんでいた鷹狩から、英語の「Falcon Land」に由来すると信じられていた。実際には「洗う」・「こすり洗いする」という意味のFalclannに由来している[2]

中世には、フォークランドの語はフォークランド城に限定され、勅許自治都市と小教区は「陽気な教会」を意味するKilgourと呼ばれていた[3]

歴史[編集]

12世紀以前の時点で既に入植者が存在していたと考えられている。村として成立した決定的な要因としては、1160年のフォークランド城の築城があげられる。1160年、マルカム4世により王族の狩猟地であったフォークランドが、ファイフ伯爵英語版ダンカン1世英語版に下賜され、既存の狩猟小屋を除去し、築城が行われた[4]。城の敷地は、後にフォークランド宮殿の一部となった。

1458年に勅許自治都市の地位を得たが、フォークランド城(改築後フォークランド宮殿)に依存した中世的な居住地であったため、一般的な勅許自治都市のようには機能しなかった[4]

17世紀には、有名なカヴェナンターリチャード・キャメロン英語版がフォークランドで生まれており、その生家は21世紀に入ってもメインストリートに現存している。アメリカ合衆国のシンガーソングライタージョニー・キャッシュの祖先は、フォークランド出身である。

19世紀、領地としてフォークランドを相続した第3代ビュート侯爵ジョン・パトリック・クライトン=ステュアート英語版によって、宮殿を含むフォークランドのかなりの部分が再建された。再建事業においては、建築家としてジョン・キンロス英語版ロバート・ウィアー・シュルツ英語版が起用された。

観光[編集]

フランスの影響を受けたルネサンス建築であり、1500年のジェームズ4世による建設から受け継がれてきたフォークランド宮殿が最も著名である。ホリールード宮殿が火災により東側を失った1654年以降、王族が訪れることはなく、19世紀に再建されるまでは放置されていた。今日ではナショナル・トラスト・フォー・スコットランド英語版を通じて、一般開放されている。

文化[編集]

古い馬市場、クリケットクラブ、ゴルフクラブを有する。ブリテン・イン・ブルーム英語版では、2009年と2010年のチャンピオンとなり[5][6]、2007年には花のまちコンクールに出場、村の部門で金賞を獲得している[7]

2013年にはSFテレビドラマアウトランダーの撮影に用いられ、第二次世界大戦当時の光景が再現された[8]

関連項目[編集]

フォークランド海峡は、17世紀の第5代フォークランド子爵アンソニー・ケアリー英語版の名に由来する[9]

出典[編集]

  1. ^ Mid-2008 Population Estimates – Localities in alphabetical order (PDF)” (2008年). 2011年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月16日閲覧。
  2. ^ a b Taylor, Iain (2011). Place-names of Scotland. Edinburgh: Birlinn Limited. p. 67. 
  3. ^ Westwood, A. (1861). Parochial Directory for the Counties of Fife and Kinross. エディンバラ: John Menzies. p. 96. https://archive.org/stream/westwoodsparochi1862dire#page/96/mode/2up 2018年5月2日閲覧。. 
  4. ^ a b Falkland Conservation Area Appraisal and Management Plan”. Fife Council (2010年4月). 2011年2月16日閲覧。
  5. ^ Fife village is crowned Britain in Bloom champion”. BBC (2010年9月30日). 2016年2月13日閲覧。
  6. ^ Falkland glory at 2009 Britain in Bloom awards”. ファイフ (2009年9月24日). 2016年2月13日閲覧。
  7. ^ A proud year for Fife”. ファイフ (2007年12月3日). 2016年2月13日閲覧。
  8. ^ Outlander TV news website and pictures of village filming
  9. ^ Anthony Cary, 5th Viscount Falkland”. The Twickenham Museum. 2016年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]