フェレンツ・エルケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いエルケル・フェレンツと表記することもあります。
フェレンツ・エルケル
Ferenc Erkel
Erkel Ferenc Györgyi Alajos.jpg
基本情報
生誕 1810年11月7日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国、ジュラ
死没 (1893-06-15) 1893年6月15日(82歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国ブダペスト
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者ピアニスト

フェレンツ・エルケルFerenc Erkel ハンガリー語: Erkel Ferenc ハンガリー語発音: [ˈfɛrɛnts ˈɛrkɛl], ドイツ語: Franz Erkel; 1810年11月7日 - 1893年6月15日)は、ハンガリー作曲家指揮者ピアニスト。ハンガリーにおけるグランド・オペラの父とみなされており、主に歴史を題材とした彼の作品はハンガリー国内では今日でもしばしば上演されている。また、1844年からハンガリー国歌となった『賛称』の作曲者としても知られる。

生涯[編集]

エルケルはジュラ英語版に生まれた。父は音楽家のヨージェフ・エルケル(Joseph Erkel)で、母はクラーラ・ルトカイ(Klára Ruttkay)であった。エルケルが作曲したオペラのうち最初の3作品のリブレットベーニ・エグレッシ英語版によるものである。エルケルは最も知られるオペラでの活躍に加えて、ピアノや合唱のための作品、並びに大曲『祝典序曲』を作曲した。彼はベルリオーズへと「ラーコーツィ行進曲」の存在を教えており、ベルリオーズはこれを後に『ファウストの劫罰』で採用している[1]

エルケルは1853年創設のブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団を率いた。また、彼は1886年までハンガリー王立音楽院の学長及びピアノ科の教員として教鞭を執った。1884年ハンガリー国立歌劇場が建設されると、彼はその音楽監督に就任した。

エルケルは1839年にアデール・アドレルシュ(Adél Adlers)と結婚し、彼らの息子のうち4人は後に彼のオペラの作曲に参加した。4人とはジュラ(Gyula、1842年7月4日ペシュト-1909年3月22日ウーイペシュト英語版)、エレク(Elek、1843年11月2日ペシュト-1893年6月10日ブダペスト)、ラースロー(László、1844年4月9日ペシュト-1896年12月3日ブラチスラヴァ)、シャーンドル(Sándor、1846年1月2日ペシュト-1900年10月14日ベーケーシュチャバ)である。

エルケルはブダペストに没している。

文化的影響[編集]

  • エルケルはチェスの選手としても国際的に知られており、ブダペスト・チェス・クラブ(Pesti Sakk-kör)の創設者である。
  • ブダペストに1911年にできた、歌劇場同様にオペラの公演を行う歌劇場の1部門が、1953年より彼の名を冠してエルケル劇場(Erkel Színház)と名付けられている。
  • 彼の生誕200周年を記念して、ハンガリー国立銀行が彼の肖像をあしらった金貨と銀貨を発行した[2]

オペラ[編集]

ハンガリー国立銀行が2010年にエルケル生誕200周年を記念して発行した記念金貨。László Szlávics, Jr.のデザイン。

脚注[編集]

出典

  1. ^ Grove's Dictionary of Music and Musicians, 5th ed., 1954, Eric Blom, ed.
  2. ^ Ferenc Erkel Gold and Silver Coins”. 2013年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]