フィリッピーノ・リッピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィリッピーノ・リッピ
Filippino Lippi
Filippino Lippi 007.jpg
自画像。 Detail from The Dispute with Simon Magus (1481–1482)
フレスコ, イタリアフィレンツェSanta Maria del Carmine,Brancacci Chapel
生誕 Filippo Lippi
1457年
フィレンツェ共和国, プラート
死没 1504年4月
フィレンツェ共和国, フィレンツェ
国籍 イタリア
教育 フィリッポ・リッピ
著名な実績 絵画, フレスコ画
代表作 Apparition of the Virgin to St Bernard
Adoration of the Magi
運動・動向 ルネサンス
この人に影響を
受けた芸術家
Raffaellino del Garbo

フィリッピーノ・リッピFilippino Lippi,1457年 - 1504年4月)はイタリア画家フィリッポ・リッピの息子。母は父の聖母子像のマリアのモデルにもなったルクレツィア・ブーティ。

生涯[編集]

トスカーナ州プラートで生まれる。父の弟子であったサンドロ・ボッティチェリに師事。父同様画家となり、メディチ家お抱えになった。特に、ボッティチェリと共にフィレンツェの黄金期を築いたロレンツォ・デ・メディチに贔屓にされた。

ギャラリー[編集]