カポディモンテ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg カポディモンテ美術館
Reggia di Capodimonte 1.JPG
施設情報
正式名称 Museo di Capodimonte
所在地 Via Miano, 2, 80131 Napoli
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

カポディモンテ美術館(カポディモンテびじゅつかん、イタリア語: Museo di Capodimonte)は、イタリアナポリにある美術館である。かつてのファルネーゼ家のコレクションを中心にイタリア・ルネサンスおよびバロック絵画の充実したコレクションを有し、イタリア屈指の美術館となっている。

沿革[編集]

ブルボン家のカルロ7世(後のカルロス3世)が、母エリザベッタ・ファルネーゼから受け継いだ膨大な美術品コレクションを展示するため、1738年よりカポディモンテ宮殿の建設に着手した。その後、コレクションは増えてゆき、1787年には絵画修復室が作られた。

1799年にパルテノペア共和国が建国され、シチリア王フェルディナンド1世は貴重なコレクションと共にパレルモに逃亡する。その後、フランスに占領されていた1806年から1815年の間にナポリ国立考古学博物館英語版にそのコレクションが移された。

1815年にフェルディナンド1世がナポリに戻ると、王は多くの画家彫刻家を雇い入れて宮殿の再建に取りかかった。再建は1840年に完成し、近代美術の部門も付け加えられた。1861年にこの宮殿がサヴォイア家の手に渡るとさらにコレクションは増えて行き、火器武器も加えられた。

第二次世界大戦後、君主制が終わった後の1957年には、カポディモンテ宮殿にナポリ考古学博物館から多くの作品が戻され、現在のような国立美術館となった[1]

コレクション[編集]

ルネサンスおよびバロック絵画には、マサッチオマンテーニャジョヴァンニ・ベッリーニラファエロティツィアーノ・ヴェチェッリオパルミジャニーノエル・グレコジョルジョ・ヴァザーリアンニーバレ・カラッチカラヴァッジョグイド・レーニジョヴァンニ・ランフランコアルテミジア・ジェンティレスキルカ・フォルテなどがある[2]

Category:カポディモンテ美術館の所蔵品も参照

ギャラリー[編集]

日本にて[編集]

2010年に国立西洋美術館などにて「カポディモンテ美術館展」が開催された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 週刊世界の美術館75 カポディモンテ美術館、2001年発行、21項より引用
  2. ^ 週刊世界の美術館75 カポディモンテ美術館、2001年発行、4-17項より引用

外部リンク[編集]