コジモ・デ・メディチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コジモ・デ・メディチ
1518 - 1519年)

コジモ・デ・メディチCosimo de' Medici, 1389年9月27日 - 1464年8月1日)は、フィレンツェ共和国イタリア)の銀行家である。メディチ家のフィレンツェ支配を確立した。コジモはフィレンツェに納められた税金のおよそ65%を負担し、死後ローマ皇帝にならい、「祖国の父」「pater patriae」の称号を贈られた。通称コジモ・イル・ヴェッキオといわれる(イル・ヴェッキオ il Vecchio は老人の意)。

ジョヴァンニの築いた銀行業を受け継ぎ、発展させた。1429年には父が亡くなり、メディチ家当主となる。1433年、政変が起こりフィレンツェを追放される[1]。しかし翌年、反対派のアルビッツィ家が失脚・追放され、コジモはフィレンツェ共和国に帰還する。

対立の激しいフィレンツェ国内では、政治的に表面に出ることを避け、選挙制度を操作して政府をメディチ派で固めた。対外的には、イタリアの強国(ヴェネツィアミラノナポリ)との勢力均衡を図り、ローマ教皇庁との結びつきを強めて、カトリック東方教会合同のフィレンツェ公会議を開催した(1439年)[2]

ルネサンス期の重要なパトロンの一人としても知られ、美術ではフィリッポ・ブルネレスキミケロッツォドナテッロらを庇護した。また、古代ギリシャの哲学者プラトンの思想に心酔して、私的な学芸サークルプラトン・アカデミーの基礎を作り、人文主義者マルシリオ・フィチーノプラトン全集の翻訳を行わせたことで、ルネサンス期にネオプラトニズム(新プラトン主義)を刻印した。

高利で金を貸す銀行業はキリスト教では罪深いと見做されるため、贖罪のための慈善活動にも熱心で、フィレンツェとその周辺に今も残る数多くの教会や修道院の建設・修復に携わった[3]

コジモの死後、メディチ家当主は子のピエロが継承する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

東洋書林 クリストファー・ヒバート著『メディチ家の盛衰』上巻

先代:
フィレンツェの僭主
1434年 - 1464年
次代:
ピエロ・イル・ゴットーソ
  1. ^ 東洋書林『メディチ家の盛衰』上巻P59
  2. ^ 東洋書林『メディチ家の盛衰』上巻P72
  3. ^ 東洋書林『メディチ家の盛衰』上巻P86