ピーター・メイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピーター・メイル(Peter Mayle、1939年6月14日 - 2018年1月18日[1])はイギリス作家で、フランスプロヴァンス地方に関する著作で有名である[2] [3]ブライトン出身[4]ニューヨークの広告会社に勤めた後、1980年代にプロヴァンス地方に移住。

主な著作[編集]

おもな著作は次の通り: [5]

  • 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence、原著:1989年)
  • 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujour Provence、1991年)
  • 『南仏プロヴァンスの昼下り』(Encore Provence、1999年)
  • 『贅沢の探求』(Expensive Habits)
  • 『プロヴァンスの贈り物』(A Good Year、2004年) - 2006年映画化(『プロヴァンスの贈りもの』)。

日本語訳[編集]

  • 『ぼくどこからきたの?』谷川俊太郎訳, アーサー・ロビンス絵 河出書房新社 1974
  • 『あかんぼ大作戦』谷川俊太郎, たけむらみちこ訳 河出書房新社 1982
  • 『ドードーを知っていますか わすれられた動物たち』ショーン・ライス絵, ポール・ライスとピーター・メイリー文, 斉藤たける訳 福武書店 1982 斉藤健一訳、1995
  • 『ふたりのラブ・ブック』アーサー・ロビンス絵, 犬養智子産業図書 1983
  • 『なにがはじまるの? 世界一はずかしい質問のいくつかに答える。』谷川俊太郎, たけむらみちこ訳 河出書房新社 1983
    • 『なにがはじまるの? かわりはじめるからだの本。 世界一はずかしい質問のいくつかに答える。 ハンディ版』谷川俊太郎,みむらみちこ訳 河出書房新社 2004
  • 『南仏プロヴァンスの12か月』池央耿訳 河出書房新社 1993 のち文庫
  • 『南仏プロヴァンスの木陰から』小梨直訳 河出書房新社 1993 のち文庫
  • 『贅沢な仕事』近藤純夫扶桑社 1994
  • 『贅沢の探求』小梨直訳 河出書房新社 1994 のち文庫
  • 『南仏プロヴァンスの風景』マーガレット・ロクストン画 池央耿訳 河出書房新社 1994
  • 『ホテル・パスティス』池央耿訳 河出書房新社 1994 のち文庫
  • 『南仏プロヴァンス空の旅』ジェイソン・ホークス写真 小梨直訳 河出書房新社 1995
  • 『ピーター・メイルのマタニティー・パパ 男のための妊娠・出産がわかる本』栩木泰,山本美佐子,渡辺容子,堀込和代学習研究社 1995
  • 『愛犬ボーイの生活と意見』池央耿訳 河出書房新社 1995 のち文庫
  • 『南仏のトリュフをめぐる大冒険』池央耿訳 河出書房新社 1997 のち文庫
  • セザンヌを探せ』池央耿訳 河出書房新社 1998
  • 『南仏プロヴァンスの昼下り』池央耿訳 河出書房新社 2000 のち文庫
  • 『どうぞ、召しあがれ! フランスの食祭りの旅』池央耿訳 河出書房新社 2002
  • 『プロヴァンスの贈りもの』小梨直訳 河出書房新社 2007 同時に文庫

関連書籍[編集]

参照[編集]

  1. ^ “Peter Mayle, Who Wrote of ‘A Year in Provence,’ Is Dead at 78” (英語). New York Times. https://www.nytimes.com/2018/01/18/obituaries/peter-mayle-who-wrote-of-a-year-in-provence-is-dead-at-78.html 
  2. ^ ピーター・メイル
  3. ^ ピーター・メイルの著作
  4. ^ “「南仏プロヴァンスの12か月」英作家が死去”. 読売新聞. (2018年1月21日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180121-OYT1T50063.html 2018年1月22日閲覧。 
  5. ^ ピーター・メイル

外部リンク[編集]