ピロ硫酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピロ硫酸カリウム
識別情報
CAS登録番号 7790-62-7 チェック
PubChem 62681
ChemSpider 56432 ×
特性
化学式 K2O7S2
モル質量 254.32 g mol−1
密度 2.28 g/cm3
融点

325 °C, 598 K, 617 °F

への溶解度 可溶
危険性
Rフレーズ R36 R38
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ピロ硫酸カリウム(または、二硫酸カリウム、Potassium pyrosulfate)は、化学式:K2S2O7で表される無機化合物である。

製造[編集]

硫酸水素カリウムなどのを熱分解することで製造される[1]

しかし、600℃以上の温度になると、そこから硫酸カリウム三酸化硫黄に分解される[2]

用途[編集]

ピロ硫酸カリウムは主に分析化学で利用される。 定量分析前に試料を完全に溶解するために、ピロ硫酸カリウム(もしくは、フッ化カリウムとの混合物)に溶融させる[3][4]

三酸化硫黄の工業生産において、五酸化バナジウムと共に触媒として使用される[5]

出典[編集]

  1. ^ Washington Wiley, Harvey (1895). Principles and Practice of Agricultural Analysis: Fertilizers. Easton, PA.: Chemical Publishing Co.. p. 218. https://books.google.com/books?id=qIMLAQAAIAAJ&pg=PA218&dq=Potassium+disulfate&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjNh4_t5oTKAhUT52MKHclVAaoQ6AEITTAF#v=onepage&q=Potassium%20disulfate&f=false 2015年12月31日閲覧。. 
  2. ^ Iredelle Dillard Hinds, John (1908). Inorganic Chemistry: With the Elements of Physical and Theoretical Chemistry. New York: John Wiley & Sons.. p. 547. https://books.google.com/books?id=urTQAAAAMAAJ&pg=PA547&dq=Potassium+disulfate&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiriYms6ITKAhWFLmMKHX26AjMQ6AEITjAF#v=onepage&q=Potassium%20disulfate&f=false 2015年12月31日閲覧。. 
  3. ^ Trostbl, L. J.; Wynne, D. J. (1940). “Determination of quartz (free silica) in refractory clays”. Journal of the American Ceramic Society 23 (1): 18–22. doi:10.1111/j.1151-2916.1940.tb14187.x. 
  4. ^ Sill, C. W. (1980). “Determination of gross alpha, plutonium, neptunium, and/or uranium by gross alpha counting on barium sulphate”. Analytical Chemistry 52 (9): 1452–1459. doi:10.1021/ac50059a018. 
  5. ^ Sulfur trioxide production, US3362786A”. Google Patents (1965年). 2015年12月31日閲覧。

関連項目[編集]