亜硫酸水素カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亜硫酸水素カリウム
識別情報
CAS登録番号 7773-03-7 チェック
PubChem 23663620
ChemSpider 22889 ×
EC番号 231-870-1
E番号 E228 (防腐剤)
特性
化学式 KHSO3
モル質量 120.1561 g/mol
外観 白色結晶粉末
匂い SO2
融点

190 °C, 463 K, 374 °F ((分解))

への溶解度 49 g/100 mL (20 °C)
115 g/100 mL (100 °C)
溶解度 アルコールに不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

亜硫酸水素カリウム(Potassium bisulfite)は、化学式KHSO3の化合物である。アルコール飲料の製造の際に滅菌剤として用いられる。E番号228として、EUでは食品添加物として用いられている[1]

合成[編集]

二酸化硫黄炭酸カリウムの反応により合成される。炭酸カリウムの溶液に、二酸化炭素が発生しなくなるまで二酸化硫黄を通すと、亜硫酸水素カリウムが結晶化する。

出典[編集]