ピップエレキバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピップエレキバンは、ピップが製造・販売している家庭用磁気治療器の商品名。1972年に販売が開始され[1]、当初は「恵麗喜絆」という漢字表記の商品名であった[2]

日本以外では韓国香港台湾などでも販売されている[3]

特徴・使い方[編集]

  • 装着部位のこり及び血行の改善。肩こり腰痛などの筋肉硬化症の患部(ツボ)に直接貼る。
  • 磁気の作用で血行を促進し、老廃物の除去をすることで、こりを改善する効能を謳っている[4]
  • 磁石永久磁石を採用しており、装着している間は効果を持続できる。
  • 絆創膏の部分は日本人の肌と同じような色になっていて、入浴時でも目立つことなく装着できる。
  • 2013年9月に、発売以来初の全面リニューアルを行い、絆創膏を高伸縮性と透湿性を持つ新仕様に変更。また、ラインナップを再編し、「ピップエレキバン」は「ピップエレキバン80」、「ピップエレキバンA」は「ピップエレキバン130」、「ピップエレキバンZ」は「ピップエレキバン190」に改名し、メントール配合の「ピップエレキバンM」と合わせて4種類に集約した。

製品詳細[編集]

磁束密度の違いで、5種類の製品が販売されている。

  • ピップエレキバン80 : 80ミリテスラ(800ガウス
  • ピップエレキバン130 : 130ミリテスラ(1,300ガウス)
  • ピップエレキバン190 : 190ミリテスラ(1,900ガウス)
  • ピップエレキバンMAX200:200ミリテスラ(2,000ガウス)
  • ピップエレキバンM : 130ミリテスラ(1,300ガウス) 、絆創膏にメントールが配合されている。

磁気ネックレスのピップ マグネループサポーターに磁石を組み込んだピップエレキバン サポーターも販売されている。

効用に関する論争[編集]

ピップは長年の基礎研究と臨床試験の結果より、薬事法第2条6項に基づき、厚生労働省から「管理医療機器」の許可を得て販売されている。

また、米医学専門誌「アメリカ苦痛管理ジャーナル」にて、磁石による医学的効果が認められないことが発表された[5]。ただしこの記事は、磁気によって「神経」が電気的刺激を受けるという説を否定したものであって、それ以外の医学的効果まで否定したものではない。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b ピップエレキバン ニッポン・ロングセラー考 - COMZINE by NTTコムウェア 2012年11月号
  2. ^ 会社沿革 - ピップ
  3. ^ 海外事業 - ピップ
  4. ^ 磁気がこりに効く理由とは!? - ピップエレキバン
  5. ^ Garrison, D.W., Effects of Natural Magnets on Fine Touch and 2 Pt. Discrimination on Finger Tips in Humans. American Journal of Pain Management, 14(2004)107-116.
  6. ^ 35年前のCM再現、北海道・比布町のPR動画が話題に - 朝日新聞 2015年12月31日
  7. ^ “消えた「P」を探せキャンペーンが終了!各賞受賞作品が発表されました” (PDF) (プレスリリース), ピップ株式会社, (2020年10月13日), https://www.pipjapan.co.jp/data/a5e045a941f739d8e09be386a157eb3c3aff589d.pdf 2021年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]